アヤワスカの儀式で大量のビジョンが見える凄い体験をした

2021年9月17日

いよいよアヤワスカの儀式が始まる

サンフランシスコ村

僕が指定された時間は21時

その時間にセレモニーを行う場所に来るようにシャーマンのドン・マテオから言われた

時間が近づいてきたので今のうちにトイレを済ませておく

セレモニー中に漏らしたくないからね これ大事

因みに本当に一晩中下痢が続くことは珍しくないので水をたっぷり持参した方がいい

下痢も何度も続くと脱水症状になる

アヤワスカの体験中に脱水症状になるとか苦しいイメージしかない

僕は念の為に2.5リットルのペットボトルの水を用意して行く事にした

あとは何度もトイレに行く事になるのでトイレットペーパーも用意しておいた

そして20時55分、儀式の行われるマテオのオリジナルのスイピーノに向かう

真っ暗なセレモニーの建物に入るとアルコールの入ったランプに火が灯される

アヤワスカ サンフランシスコ村

中にはマテオの奥さんがすでにスタンバイしていた

奥さんに「アジィ(あそこよ)」と僕が儀式を受ける最中に座ったり横になる布団を指さされる

儀式をしてくれるシャーマンのドン・マテオの姿はまだ無い

いよいよアヤワスカの儀式が始まるのか

でも、もうなるようにしかならない

覚悟も決めて来たつもり

きっと吐くんだろうけどそれも織り込み済み

全ては最初から分かっていた事

分かっていてこんなジャングルの中まで儀式を受けにきたのだ

変にネガティブにならず楽しむくらいの気持ちで挑もう

そして21時10分、シャーマンのドン・マテオがセレモニーの建物の中に入って来た

マテオが英語で「気分はどうだい?」と聞いて来た

「問題ない、いいよ リラックス出来てる」と言うとマテオはウンウンと頷いた

僕の布団の横には吐きたくなった時の洗面器が置かれた

アヤワスカ サンフランシスコ村

洗面器の中はなにか黒い液体が乾いたような跡がこびりついてる

今までこの洗面器に何百人、いやヘタしたら何千人の人がゲロを吐いてきたんだろうな

そしてきっと僕もその中の一人になるんだろう

マテオが怪しげな液体を取り出す

暗がりで見ると本当にドス黒く見える

マテオが大きめのショットグラスのような入れ物にアヤワスカを注ぐ

「これは薬だから安心して飲みなさい」と言って僕にそのグラスを手渡した

アヤワスカ サンフランシスコ村

これがアヤワスカ

さっきはドス黒く見えたけどランプの灯りの近くで見ると赤茶色の液体だ

なんとも表現し難い匂いがする

でももう儀式が始まるんだ 飲むしかない

アヤワスカ サンフランシスコ村

僕の初めてのアヤワスカの儀式に乾杯だ

グラスの中の液体を口の中に流し込んだ

一応、飲む時の動画を撮ったので良かったら見てください

セレモニーの最中なので大きな声を出してる場合じゃないので声は小さめです

ボリュームを上げて聞いてください

今まで味わった事のない強烈な味がする

めちゃくちゃ渋い でもその渋さの中に妙な酸味を感じる

正直苦手な人はこれだけでオエッっと来てしまうかもしれない

グラスの中のアヤワスカを全て飲み干した

マテオが「早ければ40〜50分で効いて来るよ。気持ち悪くなっても落ち着いていなさい」と言った

効くまでにはそこそこ時間がかかるみたいなのでリラックスして布団に寝転がり、セレモニー会場の天井を見上げる

アヤワスカを飲んで30分ほどしたところで何となく胃が腹の下から押し上げられるような感覚を覚える

その時に「あぁ、これはもう確実に吐くな」と自分の中で確信した

同じ吐くなら苦しまないようになるべく早く吐きたいなと思った

そこからゆっくり時間をかけてちょっとずつ気持ち悪くなってくる

でも少しずつ吐き気はおさまってきていた

ふとiPhoneの時計を見たらアヤワスカを飲んで1時間ほど経過していた

まだ意識や思考に変化はない

でも腹がちょっとグルグルと音を立てている

やはり腹は壊すようだ

アヤワスカを飲んでから1時間15分ほど経った頃、シャーマンのドン・マテオが「イカロ」と呼ばれる呪文のような唄を唱え出した

イカロというのはスペイン語でもない先住民の言葉で唄われる

これはシャーマンの儀式には付き物だ

イカロはシャーマンによって違うらしい

それと言うのもシャーマンがイカロを習得するにはまず「ディエタ」と呼ばれる修行をしなければいけない

そのディエタという修行の内容は1〜2ヶ月の間、特定の同じ木の実や同じ植物しか食べてはいけないというもの

それを続ける事によって体が浄化され自然や植物と繋がる事が出来て、ある日突然イカロが頭に浮かんでくるそうだ

ディエタをしてる最中に摂取する植物は「ニウラウ」というものや、クァイラカスビィ、アヤウマなどなど色々ある

その辺もシャーマンによって全然変わってくる

またディエタという修行もシャーマンによってやり方が違ったりする

1〜2ヶ月特定のものしか食べないというやり方をガチガチに守るのではなく、例えば週に3回は特定の植物を口にし、週に1回はアヤワスカを飲み、たまに薬草で作った水で風呂に入るというようなやり方もある

何しろシャーマンが唱える呪文のようなイカロという唄はそうやって会得されたものなのだ

イカロを聞いていてもまだこれといった変化は訪れていない

この頃アヤワスカを飲んですでに1時間半くらい経過してたと思う

イカロが一度終わったところでアヤワスカを飲んでから初めてトイレに行く

完全に腹を壊していたからだ

トイレに行く最中も特にフラつく事もなく、足取りはしっかりしてる

1時間半経過したのにこの状態って事は僕にはアヤワスカは効かなかったんだ

用を足した後にそう思いセレモニーの建物に戻った

トイレから戻るとマテオが「大丈夫か?」っと聞いてきた

「気持ち悪くもないし全然大丈夫だよ」と答えた

今の所は本当に腹を壊してるだけ

アヤワスカってこんなもんかと思ってもう効果を諦めかけた時だった

シャーマンのマテオがさっきとは違う次のイカロを唄い始めた

寝転んだ状態でそれを聞きながらなんとなく寝返りをうった

するとそれと同時に急に頭の中がグルグルと回り始め、一気に精神世界に引っ張り込まれる感覚に陥った

え!?急に?  何だこれ・・?

何とも言えない感覚 逆らう事が出来ずにどんどん奥に引っ張って行かれるような感覚

目をつぶってるのに脳裏にビジョンが浮かんで何かが見えてくる

僕が最初に見たのは2本足で立ったまま痙攣してる鳥

なぜそんな物が見えたのかは分からない

ただアヤワスカをした人の話ではだいたいの人が何かしらの動物を1匹は見るそうだ

僕の場合はそれがこの痙攣してる鳥だった

そしてその鳥が急に羽をバタバタと動かし始める

そこからマテオの唱えるイカロと共に物凄いスピードで色んな動物の生き死にのビジョンが脳裏に浮かぶ

脳裏に次々と現れるビジョンのスピードが速すぎで付いていけない

見たくなくてもどんどん脳裏に生物の生き死にが浮かんで来る

あまりのスピードとビジョンにこの辺で初めて少し気持ち悪くなった

どんな感じだったかあくまでイメージですが近い映像を見つけたので下の動画をご覧ください

まぁあくまで僕が見たビジョンのイメージに近いというだけでこんなに怖い感じでもないんですけどね

だからアヤワスカに興味を持って今後やってみたいと思ってる人は必要以上に怖がる事はありません

あくまで僕が見たもので人によって見えるものは全然違うので

そしてビジョンの映像が少し緩やかになってきたところで今度はダンゴムシのような昆虫が見えてそれがまたガタガタと痙攣を始める

でも不思議ともう怖さや気持ち悪さはない

見えるものとして受け入れてるような感じ

その頃にはマテオが唱えるイカロも心地よく聞こえるようになっていた

落ち着き始めるとむしろ気分が良い

軽い多幸感みたいなものも感じる

アヤワスカの効果によるビジョンは徐々に落ち着いていつの間にか消えていた

頭の中は少しまだボンヤリしてる

でも心地よい

ちゃんと自分の思考で色々考える事も出来る

アヤワスカはやったからと言ってみんな最初の1回目からビジョンが見える訳ではない

せっかくセレモニーを受けたのに吐いただけで何も見えずに終わる人もいる

またビジョンが見えても体験した人の中にはアヤワスカの体験を「地獄のアヤワスカ」と表現する人もいる

でも僕には1回目から様々なビジョンが見えて、こんなに心地よい気分になっている

本当にそれも人それぞれだ

少し落ち着いたところでまたトイレに行きたくなる

完全に下痢でお腹をくだしてる

外に出ると虫たちの鳴く声が気持ちいい

そんな気分のままボットン便所に行き出すものを出す

そしてまた儀式の建物に戻る

布団に横になり「アヤワスカ凄かったなぁ・・」と余韻に浸ってるとシャーマンのマテオがまたイカロを唄い出す

いやいや、もう効果は切れて今は落ち着いているのに

そう思った矢先

これがめちゃくちゃ不思議なんだけど、またマテオのイカロが耳に入って来ると同時になぜかドンピシャのタイミングで脳裏にビジョンが見え始める

強烈な第二波が来たのだ

どういう事なんだろうこれは

催眠術にでもかかってるみたいにマテオのイカロに逆らえずに目まぐるしく幾何学模様が見え始める

すごい速度で変化する万華鏡を延々と見せられてるような感覚

それを脳裏で見ながら頭の片隅で「あぁ やっぱりアヤワスカとイカロはセットなんだ」と勝手に悟る

もうこの辺からは凄すぎて上手く言葉では表せない

凄まじいビジョンを見た後は今後自分がやりたい事が次々に頭に浮かんで来る

そしてそれは「絶対出来る」と強く確信出来てしまうくらいに自信がみなぎって来る

そんな状態が30分くらい続いたんだろうか

それが落ち着くと今度は自分の体が異常なくらい音に敏感になってる事に気づく

マテオは2〜3メートル離れたところでイカロを唄っているのにもう耳元で唄われてるように感じて「えっ!?」と思って横を見る

でもマテオは1歩も動いてない

僕の耳がまるで動物並みに音を拾うようになっている

セレモニーの建物の外で木から葉っぱが1枚落ちる音まで分かる

なんなんだこれは アヤワスカ凄過ぎだろ

ましてジャングルの夜は虫や動物の鳴き声の大合唱

マジで音が聞こえすぎてヤバイ

でも気持ちよくもある

精神世界を一度通り越して何か全て悟って天国に辿り着いたかのような気分

生きてる事、ここにいる事など周りの事全てに感謝の気持ちが溢れて来る

外で変わった鳴き声の鳥が一声鳴いただけで幸せで外に出てその鳥にお礼を言いに行きたくなる

鳥にお礼とかコイツ何言ってんだ?って思われるかもしれないがホントにそんな感じで愛と幸せに溢れた感覚になるのだ

この感覚はこれ以上言葉で表すのは無理かも知れない

体験してみないと分からないと思う

こんな事書くとアヤワスカで頭がおかしくなったと思われるかもしれない

でも本当に音や感覚を通じて虫や動物や自然と仲良くなれたような気分になる

この不思議で奇妙でどこか幸せな感覚は実際にやってみて体験してもらうしかないと思う

そして時間の感覚が薄れて今どれくらい時間が経ったかも分からなくなってきた頃に今日の儀式でここまで自分が見てきた物がどういう意味があり、どういう暗喩だったのかを考え始める

今回このサンフランシスコ村に来るにあたって幾人かここで儀式を受けた人に色々話を聞いていた

その中でとあるアフリカで出会ったバックパッカーの女性から「アヤワスカの儀式の最中はしっかり自分と向き合ってね」とアドバイスを頂いた

そのアドバイスをもらった時はまだピンときてなかった

でも今なら少し分かる気がする

さっき見えたビジョンや気持ちは全部今までの自分の人生や最近の心の持ちようでああ見えたのかも知れない

そして自分がこれから先、何をどうしたいのかが鮮明になった気がするのだ

この時iPhoneの時計を見ると深夜2時だった

僕は落ち着きを取り戻しながら深呼吸してもう一度自分と向き合う為に目を閉じた

アヤワスカ サンフランシスコ村

アヤワスカの効果はすでに切れ始めていた

凄まじい体験をさせてくれたアヤワスカの儀式が終わろうとしていた

朝6時前、ニワトリの声で目が覚めた

アヤワスカ サンフランシスコ村

シャーマンのマテオと奥さんの姿はすでになかった

セレモニー会場には僕一人が寝ていた

昨日の儀式や見たものがまるで夢だったかのように僕はスッキリして朝を迎えた

僕は結局アヤワスカで吐かなかった

アヤワスカ サンフランシスコ村

吐かなかったけどそこまで苦しんだ訳でもなかった

そして初めてのセレモニーにも関わらず大量のビジョンを見た

僕はアヤワスカと相性が良かったんだと思う

外に出て見ると夜が白々と明け、朝日が出ていた

アヤワスカ サンフランシスコ村

言葉では全て語れない不思議な体験

自然の植物が人にあんな効果をもたらし、あんなビジョンを見せてくれるなんて

アヤワスカを終えてひとつ確実に言える事は地球上70億人の全人類に体験して欲しいという事

世の中にはまだまだ不思議で知らない事がたくさんある

僕の不思議で凄まじいアヤワスカの儀式の夜が終わった

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
Translate »