【2018年版】オランダでオススメのコーヒーショップ

2018年12月8日

更新が遅くなってすいません

リアルタイムではアフリカのタンザニア〜ザンビア間を結ぶタンザン鉄道に2泊3日で乗っていたのでネット環境がありませんでした

今日は前回の記事でも書いた通り、オランダのアムステルダムでオススメのコーヒーショップをいくつか紹介したいと思います

前回の記事はこちら

2018年12月7日 アムステルダムのバスターミナルに到着した時はまだ夜が明ける前だった アムス...

多少個人の好みも入りますが有名どころは抑えてご紹介したいと思います

GREEN HOUSE(グリーンハウス)

まず最初にご紹介するのは海外の著名人も多く訪れたアムステルダムで一番有名なお店、
GREEN HOUSE(グリーンハウス)

greenhouse Amsterdam

ここはかのタランティーノやマイリーサイラスや50centなど数々の俳優や歌手も訪れてマリファナを嗜んだ場所

ここのネタはカンナビスカップで何度も優勝するなど質が高い事で知られています

因みにカンナビスカップとはオランダのコーヒーショップのマリファナの質を競う大会です

質ナンバーワンの呼び声高いGREEN HOUSE(グリーンハウス)の場所はこちら

greenhouse Amsterdam

コーヒーショップの中は例によって撮影禁止なので入り口からサッと中の様子を撮影しました

コーヒーショップの中でマリファナを吸っている自分が写真に写る事を嫌うお客さんもいるので注意しながら一瞬で撮影

greenhouse Amsterdam

こちらは店内に飾ってあるグリーンハウスを訪れた著名人の写真

ここはお店の人に許可をもらって撮影しました

ちょうどマリファナを売っているカウンターの向かい側の壁に写真は飾られてます

greenhouse Amsterdam

グリーンハウスのマリファナの価格表がこちら

これも当然お店の人に許可をもらって撮影しています

ジョイントの価格を見てみましょう

ジョイントなので既にタバコのように巻かれているものになります

greenhouse Amsterdam

上記のように

ミックスジョイント        4.5€

ハッシュジョイント        5€

チーズジィント          5€

ポームジョイント         5.5€

スーパーレモンヘイズ       6€

ピュアヘイズジョイント   9.5€

となってます

一番下のピュアヘイズジョイントは一本で9.5€もしますが値段がはるだけの事はあります

正直ジョイントの中でも人気商品なので売れてしまって買えない事もあります

もしピュアヘイズジョイントが売り切れていたらそのひとつ上のスーパーレモンヘイズも有名なネタなのでオススメです

ただピュアヘイズジョイントはなかなかの効き目なのでオランダに行って初めてマリファナを吸う人がいきなりこれを吸う事はオススメしません

初めての人が外なんかでこれを吸ったら歩いてホテルまで帰れなくなる可能性があります

初めての人は軽めのものをホテルの自室で吸うようにした方が確実です

アムステルダムのホテルは意外に喫煙禁止をうたってるところも多いのでマリファナを喫煙しやすいホテルやゲストハウスはまた次の記事で触れようと思います

因みにマリファナはザックリ分けるとサティバ系とインディカ系に分類する事が出来ます

サティバは気分が高揚してくるいわゆるアッパー系で、楽しくなってきてちょっとした事で笑ってしまったり食べ物や飲み物が美味しく感じて甘いものやスナック菓子などバリバリ食べて止まらなくなってしまう、まぁ楽しいマリファナです(笑)

もしあなたがマリファナを吸った事がなくてオランダで一度試してみたいならまずは同じ部屋の友達とサティバ系のジョイントを1本買って、スナック菓子やチョコレート&飲み物(マリファナは喉が乾くので大事)を買ってホテルに持ち帰り、夜その1本のジョイントを友人と回しながら吸ってお喋りしながらお菓子やジュースを飲んで過ごしてみるのがいいかと思います

逆にインディカはリラックス出来て眠気を誘うものが多いです

品種によっては軽い鎮痛作用などもあり医療大麻などで使用されるものもだいたいこのインディカ系になります

インディカはどちらかというと夜一人で寝る前などに軽く吸ってリラックスしながら眠りにつく時などに最適かと思います

greenhouse Amsterdam

ピュアヘイズジョイントが売り切れていたのでスーパーレモンヘイズのジョイントを見せてもらいました

ちなみにアムステルダムで一度に買えるマリファナは一人5グラムまでです

ジョイントの場合はどう換算されるのかわかりませんがウィード(ハッパ)を買う場合、一人最大5グラムという事です

もちろん5グラム買ったとしてもその後別の店に行けば前の店で購入した事をお店の人は知る由も無いのでまた最大の5グラムまで買う事が出来てしまいます

だいたいマリファナ1グラムで細長いジョイントを2〜3本巻けます

(コーヒーショップで売られてるジョイントは少し大きめのものになります)

なので品種も色々試したいなら欲張って一度で何グラムも買わずに1グラムずつ購入して自分で2、3本巻いて楽しんでまた別の品種を買いに行くのも良いかもですね

あ、そうだ

ピュアヘイズジョイント意外のオススメのネタをご紹介しておきますね

再び最初の値段表に戻ります

greenhouse Amsterdam

値段表の左上、GH SPECIALS(グリーンハウススペシャルズ)を見てください

これはウィード(ハッパ)の中でもグリーンハウスおすすめの品になります

僕のオススメはGH SPECIALSの中の上から3番目STRAWBERRY BANANA(ストロベリーバナナ)と一番下のSHORELINE(ショアライン)です

個人的にSTRAWBERRY BANANA(ストロベリーバナナ)は食べ物が一番美味しく感じる事ができるサティバだと思ってます 1グラム13€

SHORELINE(ショアライン)はサティバの中でも楽しくなる高揚感がかなり高いです

グリーンハウスで店員にオススメのサティバ系の品種を尋ねるとだいたいショアラインを勧めてきます 1グラム17€

サティバだけでなくインディカ系も試したいなら下から3つ目のLA CONFIDENTIALがインディカの有名品種でラッパーのスヌープドッグなども愛用してるネタなのでオススメかと思います 吸いすぎるとすぐ眠くなってしまうのでホテルで寝る前などに吸う方が無難です

今紹介したものはそれなりの値段はしますがもし本場アムスで吸うのならケチらずにお金使うところは使いましょう(笑)

greenhouse Amsterdam

夜の時間でも人だかりの出来ているGREEN HOUSE(グリーンハウス)

アムスに来たならここはマストでしょう 一度は覗いてみてください!

SENSI SEEDS(センシシード)

sensiseed

すいません間にコーヒーショップではない場所をひとつ挟ませてください

ここはSENSI SEEDS(センシシード)といってマリファナの各品種の種を売ってるので有名な場所です

sensiseed

オランダのコーヒーショップを紹介するにあたってコーヒーショップではなくともここは紹介しておきたいなと思った場所ですので

日本だとSENSI SEEDS(センシシード)なんて知らない人がほとんどだろうけど世界のマリファナファンなら誰でも知ってるくらい有名なお店です

sensiseed

SENSI SEEDS(センシシード)の場所はここ

上記で紹介したGREEN HOUSE(グリーンハウス)から歩いてすぐの場所です

sensiseed

店内に入るといろんな品種のマリファナの種が売ってます

sensiseed

品種に詳しくなければここで色んな種類を見てそれがサティバ系なのかインディカ系なのか教えてもらって覚えておくのも今後コーヒーショップでウィードやジョイント買う際に参考になるかと思います

sensiseed

店内には大麻自体も置いてあるので自然な香りを嗅いでみてください

有名品種の種はもちろん、麻から取ったオイルや石鹸なども売ってます

sensiseed

石鹸やオイルならお土産にもちょうどいいかもしれませんね

マリファナの種の専門店なんて日本じゃまずお目にかかれないショップなんで記念に立ち寄ってみてください

NOON(ヌーン)

次に紹介するコーヒーショップは中心地より少し南にあるブルーベリーの品種が有名な店

noon

お店の名前はNOON(ヌーン)といいます

店内は狭めでこじんまりしたお店です

NOON(ヌーン)の場所はこちら

アウステルダム国立美術館の少し北側になります

こちらがNOON(ヌーン)の価格表

noon

ここは先ほど書いたようになんといってもブルーベリーというネタが有名です

僕は基本サティバ派なのですがインディカ系の中で好きないくつかの中にこの店のブルーベリーも含まれます

noon

PRE-ROLLEDなので「事前に巻いてある」 つまりジョイントの事です

タバコの混じってないピュアジョイントのブルーベリーは11€ そこそこしますね

noon

ウィード(ハッパ)で買うとブルーベリーは1グラム9€

ネタを撮影したかったのですがこの日ブルーベリーのウィードは売り切れてました

noon

ちょうど僕が店内で料金表を撮影してる時にノルウェー人男性が一人で入ってきてブルーベリーのジョイント2本とショアラインのウィードを1グラム買ったので撮影させてもらいました

タバコみたいな2本がブルーベリージョイント

ジップロックみたいなのに入ってるのがウィードのショアライン

アムステルダム

彼と意気投合したあとの事をほぼ覚えてないのですが、こんな写真は残ってました

2人とも無性に甘いものでも食べたくなったのでしょう(笑)

あ、そうそう 中心地からNOONやゴッホ美術館などがある南のエリアに行く途中にアムステルダムで一番最初にコーヒーショップを開いた元祖と言われるMELLOW YELLOW(メローイエロー)があります

mellowyellow Amsterdam

これが有名店ブルドッグとどちらがアムスで一番最初にコーヒーショップを作った店かで争っていたMELLOW YELLOW(メローイエロー)

mellowyellow Amsterdam

が、しかし・・・・閉店してました(涙)

どうも潰れてしまったようです 僕が2014年にここを訪れた時はまだお店は普通に営業してました どうも潰れたのは最近のようです

mellowyellow Amsterdam

店舗は売りに出されてました

4年前に訪れた時もMELLOW YELLOW(メローイエロー)は決して今時の若者に受けそうなコーヒーショップではありませんでした

「老舗」って言葉が似合ういい古さのコーヒーショップだったんですが周りの新しいコーヒーショップに客は流れていってやっていけなくなったんでしょうね

一時代の終焉を感じました

GOA(ゴア)

次に紹介するのはインドでもハッパの聖地になってるあのゴアの地名から名前を取ったそのままの名前のお店、GOA(ゴア)

goa amsterdam

goa amsterdam

店内は若干アジアティストになっています

アジアティストと言っても店名のゴアのようにインドっぽいものではなくどちらかというと中国や日本っぽい雰囲気

4年前ここに来た時は中国人女性が受付で働いていた

GOA(ゴア) の場所はここ

goa amsterdam

さて、GOA(ゴア)のジョイントの価格表です いつの間にかこんな値段表に変わってました

文字が見えにくいかと思いますがよく見ると商品名の下に説明書きがあってタバコが50%混じってるものや70%がタバコのものも多いです

この中ならタバコの一切入ってないPure Joint(ピュアジョイント)一択かと思います

goa amsterdam

「どれかジョイントをひとつ見せて」とお願いするとHappy Jointを見せてくれました

価格表の上から2つ目の8€のやつです

goa amsterdam

でも半分がタバコなんていただけないですね 僕は正直苦手です

日本でもマリファナっていうとすごく悪い薬みたいなイメージが植え付けられてるんだけど、実はタバコの方がマリファナより比べ物にならないくらい体に悪く中毒性も高いです

そもそも大麻が本当に体に悪かったら医療になんて使えませんから

goa amsterdam

ゴアはホットチョコレートが美味しくて好きでした 4年前も数回飲みに来た

見せてもらったHappy Jointをなんとなくホットチョコレートと並べて4年前を再現

ここをオススメしてるのは決してこの店のネタがいいからではありません

飲み物が美味しくて店内も比較的落ち着いていてカジュアルな雰囲気が漂ってるので気楽なんです ただこれは僕が感じてる事なので個人の好き嫌いは分かれるかもしれません

goa amsterdam

これがGOA(ゴア)の店内

最初空いてたんだけどいつの間にか「ここ相席いい?」って聞かれるくらい混みだしていた

goa amsterdam

時間の感覚がなくなってて気がついたら夕方になっていた

目の前の電球から目をそらす事が出来なくて凝視してたのを少し覚えてる

どうしてそうなったかはもちろんご想像にお任せしております(笑)

HUNTER’S(ハンターズ)

ここはアムス中心の旧教会の一本西側の通り「ワルムス通り」にあります

Hunter's

ここも比較的カジュアルな店で過ごしやすいのですが店内の写真撮影は断られました

まぁ本来コーヒーショップは店内撮影禁止なんでこれが普通といえば普通なんですけどね

HUNTER’S(ハンターズ)の場所はこちら

Hunter's

お店は決して大きくないのに昔はそこそこ人気のあった店です

以前はネタが良かったのでしょうかね?

最近はは人気が薄れてきたと聞いてますが今でも相変わらず過ごしやすい店ではあります

BARNEY’S(バーニーズ)

最後にご紹介するのはアムステルダムでもグリーンハウスと人気を二分する有名店、BARNEY’S(バーニーズ)です

ここもカンナビスカップで何度も優勝経験のあるネタの質に自信アリのお店

barney's Amsterdam

ちょっとややこしいのがBARNEY’S(バーニーズ)は3種類あります

上の写真はBARNEY’S FARM(バーニーズファーム)

BARNEY’S FARM(バーニーズファーム)は種を売ってるのかな?

正直ここよくわからないです

で、下の写真が普通にマリファナを売ってるコーヒーショップのバーニーズ

barney's Amsterdam

Barney’s Coffeeshop Amsterdamの場所はこちら

barney's Amsterdam

店内入って右側に見えてるカウンターがマリファナ販売のカウンター

奥のカウンターは飲み物を注文するカウンターです

ここで普通にマリファナを買って持ち帰る事も出来るし、店内で楽しむ事も出来ます

で、最後にもうひとつ BARNEY’S UPTOWN(バーニーズアップタウン)

barney's uptown Amsterdam

ここはマリファナを買えるコーヒーショップのBARNEY’S(バーニーズ)の斜め向かいにあります

コーヒーショップのBARNEY’S(バーニーズ)からすぐに見えるはずです

ここは何かというと中でマリファナは買えないけど他店で買ったマリファナを持ち込んで中で吸いながら飯を食べれるバーニーズ系列のレストランカフェです

ですのでコーヒーショップBARNEY’S(バーニーズ)でネタを買って、

ここBARNEY’S UPTOWN(バーニーズアップタウン)に持ち込んで吸いながら食事を楽しむのがオススメの流れです

barney's uptown Amsterdam

BARNEY’S UPTOWN(バーニーズアップタウン) の場所はこちら

barney's uptown Amsterdam

オランダを旅行した人ならご存知かと思いますがオランダってお世辞にも食事の美味しい国ではありません(ヨーロッパ北部全体に言える事だけど)

その中でもBARNEY’S UPTOWN(バーニーズアップタウン) は比較的美味い食事を出してくれるので普通のレストラン使いとしても重宝します

マリファナで舌が何倍も美味しく感じれるようにブーストされてるなら尚更ここで食事するべきですよね

barney's uptown Amsterdam

これはイングリッシュブレックファーストだったかブリティッシュブレックファーストとかそんな名前でした

遅めに行ってもブレックファーストメニューは選べたと思います

barney's uptown Amsterdam

朝から横のテーブルも欧米人の若者で賑わって店内はほぼ満席だ

吸ってから何倍も美味しく食べるのも良し、食べてから吸ってリラックスするも良し

いい店だなぁホント

因みにBARNEY’S (バーニーズ)は比較的インディカ系のネタが多かった記憶があります

ですのでマリファナを買いたい場合は品種確認をした方がいいと思います

上記したようにBARNEY’S (バーニーズ)は有名店グリーンハウスと同じくらいネタの質がいいお店です 効き目もそれなりに強力です

訳も分からず強力なインディカのネタを購入して吸ってから動けなくなったり店内で寝てしまうなんて事がないようにしてくださいね

barney's uptown Amsterdam

じゃあBARNEY’S (バーニーズ)で何がオススメかというとサティバ系のTangerine Dream (タンジェリンドリーム)というネタをオススメします

高揚感や食事が美味しく感じる効果も高いネタです

ピュアジョイントもあるのでバーニーズアップタウンに持ち込んだ際も食事前にすぐに吸えます(逆に言うとタバコとのミックスジョイントもあるので買う時に確認してください)

先述したようにBARNEY’S (バーニーズ)には、

BARNEY’S FARM(バーニーズファーム)

Barney’s Coffeeshop Amsterdam(バーニーズコーヒーショップ)

BARNEY’S UPTOWN(バーニーズアップタウン)

の3種類がありますので注意してくださいね

2019年もオランダには立ち寄ります

相変わらずオランダでは気がついたら甘いものの写真がスマホに残っていた(笑)

アムステルダム

アムステルダム

正直この国は物価はメチャ高いバックパッカー泣かせの国だ

特にホテル代と外食費はかなり高くつく

でも、それでもこの国には立ち寄ってしまいたくなる自由な空気が漂っている

アムステルダム

アムステルダム

なにもマリファナや風車があるからオランダが素晴らしいのではない

本当は薬草並みの草の大麻を世界中がタブーとしてた昔からいち早く大麻は安全なものだと認め非犯罪化し、安楽死や同性愛など各々の意思を尊重し、売春をひとつの職業として認めた

そんなオランダの寛容性や自由度に惹かれて皆この国を訪れるのではないだろうか

そして僕自身も2019年にアフリカを回った後、またヨーロッパに戻りオランダを再訪するつもりである

その時にまた面白い店やマニアックな情報を提供出来ればと思う

今回のコーヒーショップの情報がこれからオランダを訪れる人たちの楽しみの助けになれば嬉しい限りだ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)

コメント

  1. りん より:

    Mellow yellow
    客足が流れたのではなく、近くに学校があったため新しい規則の追加で経営ができなくなったしまったようです。
    老舗なのに政府の政策で残念です、また場所を移して開いてくれるといいですね!

    • メリ より:

      りん様、コメントありがとうございます

      実は僕もこの記事を書いた2ヶ月後くらいにネットでその情報を見ました
      僕の好きだったBABAも中心から離れたところに移転したりで、時折良いお店に限ってなくなってしまってる事がありますよね
      Mellow yellowもどこかで復活してくれる事を願ってます

Translate »