いついつまでも

2022年5月1日

おはようございます

バルセロナ

スペイン上空

ここはバルセロナ

僕がヨーロッパで大好きな街のひとつ

あれ?

お前の航空券はメキシコ→ドバイ→オーストラリアだろ?って思われましたよね

そうです

そうなんですが、稀に「途中寄港」というものがあります

途中寄港とは目的地に向かう航空機が途中で他の空港に立ち寄るというもの

僕は今までで途中寄港は2回経験してる

これが人生で3回目の途中寄港だ

と言うわけで、今回の途中寄港ポイントはスペインのバルセロナでした

バルセロナ

写真じゃちょっと荒くて分からないが、上空からでもサグラダファミリアが確認出来た

こんな上空からでも見つけられるなんて流石は世界を代表する建造物だ

空の上からサグラダファミリアを見るという初めての経験をし、ちょっと得した気分

バルセロナ

バルセロナの空港に降り立ち一度乗客全員が荷物を持って降ろされる

一度航空機を空っぽにし、何かしらの調整や給油が行われてる最中に僕らは空港内でトランジット待ちの状態

バルセロナ

トランジットの時と同じように空港内を自由に動けるので本当に乗り換えとなんら変わりない

ここで1時間30分ほど過ごしたらまた同じ航空機に搭乗する

バルセロナ

空港内でWifiを繋ぎながらiPhoneを充電してるとあっという間に再搭乗の時間になった

バルセロナ

バルセロナ

バルセロナ

さぁドバイに向けて出発だ

ここから多分あと6時間くらいで到着するはず

日が変わった夜24時過ぎ

バルセロナ

窓の外にはオイルマネーで作り上げた大きな街が見えて来た

砂漠に作り上げられた都市ドバイだ

ドバイ

高度が下がるにつれて背の高いビルに大きな高級ホテル、見るからに金のかかったスタジアムなどが見える

上空からでも世界有数のリッチ国と見て分かる

24時20分、UAEのドバイ到着

ドバイの空港に降り立つのは2度目

世界一周に出る数年前にサッカー日本代表の応援でオマーンに行った事があってその時もここで乗り換えした

ドバイ

ドバイ

かなり久しぶりに見るアラビア語

ミミズが這っているかのようなこの文字だけは勉強したとしても読める気がせん

ドバイ

これでもかって言うぐらい大きくて豪華な空港を歩いて自分の次のゲートに向かう

ドバイ

ドバイ

その辺の免税店でダイヤモンドがガンガン売られており、なにやら分からん高級車が展示されている

ドバイ

ドバイ

同じ免税店でもえらい違いだ

普段からこんな空港を使ってるこっちの人からしたら日本の成田空港や関空なんてショボすぎてビックリするんだろうな

ドバイ

免税店でポカリスエット発見

ドバイ

無理 我慢できない

買ってしまった(汗)

ドバイ

高いんじゃないかと心配したけどポカリと水でだいたい350円ちょっと

まぁドバイにしてはまだ安い方か

そして深夜2時前にドバイからオーストラリアに向けての搭乗が開始される

ドバイ

でもここで搭乗ゲートなのに事前に書類チェックが行われる

僕もここで初めてオーストラリアのビザやDPDのアプリの内容などを確認された

ここまで来て、ここでチェックするんかいって感覚だけど

とにかくチェックも終わったのでいよいよオーストラリアに向けて最後のフライト

メキシコ人の彼女に今からオーストラリア行きの飛行機に乗る事をWhatsAppで伝えた

搭乗ゲートと抜けて機内に続く通路を進む

ドバイ

ドバイからは遠いけど、13〜14時間後にはオーストラリアにさしかかるはず

ドバイ

エミレーツはエコノミーでもそこそこ広いので長いフライトもそこまで苦にならない

なによりこんな快適なフライトは今まで60時間のバス移動もこなしてきた俺からすれば楽勝を通り越して昼寝タイムみたいなもんだ

ドバイ

機内で自分の座席に着いてiPhoneを見ると彼女からの返信が来ていた

何かと心配性な彼女

僕が一人で南米に旅立ったあとも僕の女性関係などを心配して、ちょっと連絡がなかったら烈火のごとく怒ってた彼女

また同じような心配をしてるみたいだ

そんな事心配しなくてもいいのに

僕は簡単に人を裏切ったりしない

常識として子供の頃に親から叩き込まれた事はずっと大人になっても守ってる

当たり前のことを当たり前に出来なくなった人が多い今のこの世の中

俺はどれだけ不器用に思われても常識も良識も礼儀もマナーも忘れず、正しさだけを信じてこれからも生きていく

だからこんなどうしようもないオッサンの俺を異国で待っててくれる人を裏切ったりはしない

楽しかったら、自分が得をするためなら何でもアリのそんな今まで見てきた貧乏馬鹿バックパッカーとは違う

女を抱くチャンスがあったら平気で彼女を裏切って外国でやりまくるそんなクソ人間になった覚えはない

むしろ離れてる分、その点はよくよく自分に言い聞かせてる

だから安心して待ってて欲しい

いついつまでも忘れない

ずっと想ってる

たとえ世界の果てまで行っても

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
Translate »