友達の少ない僕が人生を楽しんで死ぬという事

突然だが皆さんは大勢で過ごすのと一人で過ごすのはどちらが好きだろうか

このどちらかによって会社での過ごし方やそれ以外の時間の過ごし方も大きく変わってくるのではと思う

僕は気楽さや自由度を重視する方なので1人でいる方が好きなタイプです

職場でも飯休憩の時間はみんなでワイワイ食べるより1人で過ごしたい方だし、仕事が終わったら職場の同僚とどこかに遊びに行くよりも早く家に帰って1人でいたいと思う

もちろん人といて楽しい時もあるけど、ずっと一緒にいるとやっぱりストレスを感じることの方が多い

だから僕は旅中でも1人で動くことができない人って好きじゃなかったんですよね

日本人と一緒じゃないと行動出来ないような奴  未だに苦手だわー

職場でも仕事の事は積極的にディベートするがその他のことに関しては無駄に雑談などせず、会社で一人で過ごしたがっているような人にはいくつかの共通点があった気がする

まず人に気を使うことができる人

常に周りに気を遣って空気を読んでいる人 自分の意見や考え方をしっかりと持っている人
もう少し大げさに言うと自分の生き方と言うものをしっかり持っている人だった

あくまで僕の経験上の話だが職場で人と群ずに一人でいる人にはこういう傾向があった 

人に常に気を使い空気を読んで過ごしているので人といると疲れてしまうのだろうな

そして自分と合うか合わないかの判断も早い人だと合わない人と一緒に過ごしても仕方がないのでそういう人とは一緒にいないという見切りも早い

一人が好きって言うよりも苦手な人と無理して接するくらいなら一人のほうがマシっていう考え方かもしれない

後は自分の時間を誰かに縛られたり自分のやることに干渉されるくらいなら一人でいたいと思っているタイプ

そういう人は友達や仲良くなれる人の数が少ないことを全く問題と思っていない

自分一人の時間を大切にし、人と過ごす際もあえて信頼出来る人だけと関わるようにしているのだ

でも何故か日本という国と社会は一人で何か黙々と行っている人に対しては冷たい傾向にある気がする

確かに日本人は協調性を重視する傾向にあるけど協調性と言うのは自分を偽ってまで相手に合わせることではないと思うんですよね 

また、ただただ人と群れているのもそれは協調性とは呼ばないと思います

僕からしたらいつも群れている人の方が異常に見えるんだけど

いつもたくさんの人といて疲れないんですかね?

僕は自分と合わない人と過ごす大半の時間は無駄だと考えている

そんなに一人でいて寂しい人生だなぁって思う人もいるかもしれないけど、みんなと合わせて行動しててもそれは無理してるだけでその実孤独な人って多いと思うんですよ

思うんですよというか実際にそういう人を多く見てきたので 

それだったら無理して合わせて大勢と一緒に居なくても1人でゆっくり気楽に過ごしているほうがいいじゃないですか

また逆に言うと一人で自由な時間を自分にだけ使えるってものすごく贅沢なこと

これに気づいている人と気づいていない人では人生全然違うと思います

僕は特に自分の時間を大切にする

自分の感情ややりたい事を押し殺してまで他人に合わせる必要性を感じないのだ

働いてる時とか頼むから休みの日に気楽に誘わないでくれと思ってた

ひとりでいたほうが余計な神経使わないで済むから楽なんですよね

たとえば月に4回休みがあるならそのうち3回は間違いなく1人で過ごす

残りの1回をよっぽど気の合う友達か信頼できる親友とのみ過ごす  僕はこれで充分かな

また集団に属していると周りの人に合わせる事が多くなる

もし自分より周りのレベルが低いとそれに合わせなくてはいけなくなるし、そうなると自然とストレスも溜まるし自分の時間を無駄に浪費することになる

群れると言う事は周りに合わせると言う事


周りに合わせると言う事はほとんどの場合において周りのペースに合わせてる分自分の成長が遅くなると言う事

だから僕は意識的に周囲の人達とあまり群れないようにしているのだ

そうする事によって自分の時間を多く作ることができるし人間関係のトラブルも減る

僕だけじゃなく自身の成長や一人で過ごす時間を大切にしたいと思っている人は結構多いと思う

そして1日10分でいいから今日の自分を見つめ直し、この先の人生プランを考える時間を作ることが大切と思っているから

まれに日本の職場でも「あの人は突き抜けすぎている」とか「あの人はちょっと変わっている」って噂されたこともあったけど僕からしたら「変わっている」っていうのは褒め言葉だ

 人とは違う、その他大勢とは違うという事は僕にとってはいいことだから

基本的に自分の生き方をしっかり持っている一匹狼の人っていうのは「これは自分の人生なんだ」と完全に割り切って考えているので周りからの目を全く気にしていない

つまり周りからどう思われていようと噂されようとどうでもいいのだ

我が道を行くという感じで協調性の無いダメ社会人のように思われるかもしれないが、周りの人に流されず他人に無理に合わせず、なるべくストレスフリーで自分のやりたいことをしながら生きていく

これが僕が今までの人生でたどり着いたいくつかある答えのひとつなのだ

僕は他人に認められるために生きているのではなく、他人に合わせるために生きているわけでもなく、自分自身の人生を楽しむ為に生きている

そして友達が少なかろうと出来ることならこのまま自分の人生を好きに楽しんで自分の為に生きていき、死ぬ時に「自分の人生は楽しかった」と自信を持って思えるようにこれから残りの人生も過ごしていきたいと思っている

正直言って僕は友達が少ない

これだけ生きてきて本当の友達、つまり親友と呼べる友達はたった2人です

でも僕は別にそれでいいと思っている


本当の親友なんて何人もいるもんじゃないと思うし

こんな自分に2人も親友がいるだけで僕は充分だ

Facebookの友達登録者の数は本当の友達の数じゃないよな

だから会社でぼっちで過ごしている皆さん、人付き合いが悪いことも友達が少ないことも会社で一人ぼっちでいることもそれは何も悪いことじゃないと思いますよ

人から見て寂しい人に見えたりしても、たとえ孤独に見えたとしてもその孤独な時間を自分なりに楽しめて有意義に過ごせているのであればそれはそれで幸せかもしれないので

まともな人っていうのは周りに合わせないために必然と孤独になることが多かった気がします

だから孤立してるからって自分がおかしいなんて思う必要ないと思いますよ

あ、皆さん1人焼肉って行ったことあります?

僕は30代後半から1人で焼肉を食べに行けるメンタルを身に付けました 

今では日本で1人焼肉なんて楽勝です

焼肉は大好きなんだけど1人で食べに行けないから必ず誰か人と一緒に行かないといけないところが煩わしかったんですよね 

それが今では気楽で1人最高ー!って思いながら焼肉食ってます

周りから見れば寂しい奴には変わりないだろうけど人の目を気にしなければ特に何の問題ないと思います

まれに女性でも1人焼肉する強者がいるらしいですけど僕は気持ちすごくわかるな

現代社会において特に社会に出て働いている人にとっては人と接することによって発生するストレスはもはや避けられないものとなっている

そんな中で一人でいる事によって自分の時間を多く持って自由に過ごし、他人を気にせず楽しく人生を生きられるということはある意味このストレス社会の中では強者なのかもしれませんね 

人にはみな平等に最後は死が訪れる

それならそこまでの道のりを人に合わせず気楽に自由に楽しんで生きる
人とは違ってもたとえ一人でも


それが友達の少ない僕が自分の人生を楽しんで死ぬという事なのだ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
Translate »