チェルノブイリツアーに参加してみた

2019年8月29日

宿泊先をキエフの街の中心に変えました

Sunday Apart Hotel

Sunday Apart Hotelというアパートのワンフロアをホステルに改造したようなホテル

Sunday Apart Hotel

このバスルームの広さ(笑)

ジェットバスの付いてるバスタブ

Sunday Apart Hotel

シャワーも別に付いてます

Sunday Apart Hotelの場所はこちら

黄金の門のすぐ近くです

Sunday Apart Hotel

部屋にはキッチンも付いていて手前のソファは広げればこれもベッドになります

僕とOサンはこの快適な宿に3泊した

Sunday Apart Hotel

前回の3つ星ホテルに続きここもすこぶる快適な宿だった

Sunday Apart Hotel

  • ロケーション:★★★★☆
  • スタッフ  :★★★★☆
  • 価格    :★★★☆☆
  • 清潔感   :★★★★★
  • WIFI    :★★★★☆

※あくまでも個人的な評価です

入る時に事前に連絡で聞いていた数字のパスワードを打ち込んでアパートの中に入る

立地はキエフの街の中心に近く、独立広場まで歩いて10分ほど

黄金の門からは徒歩1分 麺屋武蔵も徒歩圏内です

スタッフ(オーナー?)のオバサンも親切で宿の廊下にはウォーターサーバーあり

Wifiもサクサクで本当にいい宿でした

さて今日僕とOサンはキエフからチェルノブイリ地区を見に行くチェルノブイリツアーに参加する

CHERNOBYL TOUR

僕らが予約したのは「CHERNOBYL TOUR」という会社

CHERNOBYL TOURのサイトはこちら
https://www.chernobyl-tour.com/contacts_en.html

料金は一人104ドルでした(昼食込み)

ひとまずネットで予約するのですがそれは仮予約になります

仮予約を済ませるとCHERNOBYL TOURからメールが来るのでその内容に従ってデポジットとして料金の25%をクレジットカードかPaypalで支払ってそこで初めて予約完了となります

上記の通りなので僕らは2人で合計208ドル

そしてそのうち25%にあたる52ドルをデポジットとしてネットで支払い予約を完了しました

(デポジットをネット決済する際になぜか僕のクレジットカードは弾かれたのでPaypalで支払った)

僕らをチェルノブイリツアーに連れて行くバスは朝8時に出発するので7:30〜7:50までには集合場所に到着しておくように言われてました

当日問題なく朝7:30過ぎに集合場所について自分たちが乗るバスを見つけた

CHERNOBYL TOUR

が、しかしここでひとつトラブルが

このチェルノブイリツアー、絶対にパスポートを所持して来ないとツアー予約が完了してても連れて行ってもらえないのだ

その事はもちろんOサンにも伝えていたのだけどなんと当日Oサンがパスポートを宿に忘れてしまうという事態に

忘れないように昨夜ズボンのポケットにパスポートを入れてたみたいなんだけど、今朝になってズボンを履き替えてしまったらしい

一応何とかしてもらえないかとチェルノブイリツアーのスタッフにもお願いしてみたのだけどやはりパスポートは絶対必要なのでホテルに取りに戻って欲しいとの事

ホテルまでは歩いて戻ると40分近くかかってしまう

バスは時間厳守で絶対に8時には出発するらしい

とりあえずOサンはパスポートを取りに宿に向かって走って行った

僕らは歩いて集合場所に行こうという事になり朝余裕を持って早めに宿を出た
今からあの距離を走って戻るのか あの人スゲーな

とか感心してる場合でもない

とにかくOサンが間に合うように少しでもバスの出発を遅らせる為に時間稼ぎしないと

スタッフと話し込んだりしてバスを8時10分位まで待たせたんだけど、ツアーのスタッフが「もう時間がないから出発するぞ。バスは一度ガススタンドで休憩するから君の友達にはそこで合流するように伝えてくれ」と言ってバスは走り始めてしまった

僕はシムカードを持ってなかったのでツアーのスタッフがスマホのネットワークをインターネット共有してくれて、それでOサンに現状と合流ポイントを伝えようと電話するんだけど今度はOサンが走ってて気づかないのか電話に出ない

フェイスブックのメッセンジャーでメッセージを送って様子を見る事にした

すると宿に着いてパスポートを持ったOサンから今タクシーに乗ってると連絡が来た

合流地点も伝えてタクシーに乗ったOサンが何とかガススタンドでうまく合流してくれた

ハラハラしたわー笑

そしてバスは1時間30分ほどでチェルノブイリの入り口ゲートに到着

CHERNOBYL TOUR

ゲート前にはお土産物屋が

マグネットとかステッカー買ってる人多かった

CHERNOBYL TOUR

CHERNOBYL TOUR

チェルノブイリのアイスクリーム!?

一体それは何味なんだい?

一応ですがチェルノブイリの場所はここ

ウクライナの北部、ベラルーシーとの国境の近くですね

このゲートは事故のあった原発から30キロにあたる地点 ここから先は立ち入り禁止区域だ

Chernobyl

ここでパスポートチェックが行われ、いよいよチェルノブイリ地区に入っていきます

Chernobyl

チェルノブイリ地区は住民が退去してから長年放置されていた為、木々による侵食が進んでおりかつて町や村だった場所はまるで森のようになっている

このようにチェルノブイリのあるプリピチャ地区は住民が避難し現在は無人となっている為、放棄された村が点在してる

Chernobyl

残された建物には基本入ることが出来るので自由に出入りして中の様子を見ることができる

Chernobyl

Chernobyl

当時はこの村だけでも3000人近い人が暮らしていたとか

Chernobyl

Chernobyl

なんだかこの風景を見ているともし地球に人が住んでなかったら地球の大地のほとんどってこんな風に木々に覆われて森だらけになってるんだろうなあと思う

Chernobyl

人類の発展は果たして正しかったのか、間違いだったのか

答えなんて出せないけどだからと言って考えずにはいられないよな

Chernobyl

Chernobyl

チェルノブイリ地区の入り口の森を抜けてまず僕らがやってきたのはチェルノブイリの中にあるミサイルを感知するレーダー

Chernobyl

その大きさ実に高さ150m

横の長さはなんと500mだ

Chernobyl

これ写真で見たことあったけどここに来るまでミサイルのレーダーとは知らなかったな

ガイドの説明によると旧ソ連の超水平線レーダーシステムで名前を「ドゥーガ」という

Chernobyl

地平線を越えて電波を飛ばして受信するレーダーでこれで敵対国のミサイルや戦闘機などを索敵してた

ただあの事故のせいで結局10年ほどしか使用されなかったらしい

Chernobyl

このレーダーは周辺のラジオや無線にも様々な影響を与えてしまってたらしい

こんな大掛かりな物だもの そりゃそうなるよね

またこのツアーでは事前に予約しておけば別料金でガイガーカウンターを貸してもらえる

僕らは申し込まなかったが欧米人の何組かが持ってて数値を測ってた

Chernobyl

数値高いっすね・・ これミリシーベルトなのかな?

放射線を測る数値ってベクレルとかシーベルトとかいくつかあるんですよね

通常僕らが生きてて自然界から浴びる放射線の量って1年で2.1ミリシーベルトらしいです

Chernobyl

だとしたらなかなかの数値が出てるな

その後僕らは住民の退去で放棄された幼稚園を見に行った

Chernobyl

Chernobyl

ここが僕にとってはチェルノブイリの中で一番印象に残ってるぐらい衝撃的だった

このベッドや放置された人形を見たときは思わず絶句してしまった

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

チェルノブイリの4号炉で原子力事故が起きたのが1986年4月26日の1時23分

それに対して避難のアナウンスがされたのは4月27日の13時

この地区の住民たちはこの間放射能汚染の事実を知らされぬまま通常の生活を送ることとなった

Chernobyl

原発から30キロ圏内の地域で避難が開始されたのは何故かそれから更に1週間後のこと

最終的にプリピャチ周辺からの5万人を含む合計13万5000人が原発事故によって避難させられることになった

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

残された物を見る限り慌てて退去したんだろうな

子供のオモチャやぬいぐるみを取りに戻る余裕も無かったんだろう

Chernobyl

Chernobyl

原発事故後はやはり大人や子供に関わらず甲状腺癌や白血病が増えたそうだ

また当時周辺では奇形の犬なども生まれてたらしい

今は福島があるから日本も同じ立場かそれ以上だよな

これから東北では癌や白血病が増えるだろう その数値は公開されないだろうけどね

まぁもし公開されても政府は関連性を認めないだろう

Chernobyl

Chernobyl

久々にゾクっとなる光景を目の当たりにした気がした

あ、因みに幼稚園の中の人形やその他のものに手を触れるのは禁じられてます

だから人形やぬいぐるみをはじめとする幼稚園の中の物は基本動かないはずなんですよね

位置が変わらないはずなんです

・・・でも

何故かこの幼稚園の中の写真がインスタやその他SNSで公開される度に人形の位置や首の角度が少しづつ変わって来てるなんて噂があります

あなたはこれ信じますか・・?

Chernobyl

さて幼稚園を見に行ったあとは昼食です

上の写真の放射線量を測定する機械を通過して何も反応がなければそのまま建物の中でランチを食べれます

Chernobyl

これがチェルノブイリで出されたランチ

味は正直特に美味しくはないんですがまあチェルノブイリ地区の中でまともな飯が出てくるだけマシと思いましょう

Chernobyl

このチェルノブイリには大量の放射性降下物により枯死したマツのいわゆる「赤い森」と呼ばれるエリアがある

この森は事故後、きわめて大量の放射性降下物により枯死して赤茶色に見える木々のためにそう名づけられた

「赤い森」は世界でもっとも汚染された地域のひとつと言われている

Chernobyl

この向こう側が「赤い森」 もちろん立ち入り禁止

ツアーガイドがここでカウンターで数値を測ってみてと言ったので欧米人が測定した

Chernobyl

結果は18.16マイクロシーベルト

なんでも事故を起こした4号炉の爆発と火災による土壌、水、大気の汚染はあの広島と長崎に投下された原子爆弾による放出量の20倍

末恐ろしい量だわ

Chernobyl

ここは多分昔の学校か市の運営してた運動施設かな

Chernobyl

Chernobyl

建物内には体育館やプールがあった

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

わかる人にはわかると思うけどPUBGってゲームのエランゲルの学校を思い出してしまう光景だ

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

チェルノブイリ事故による汚染は周辺の地方全体に均一ではなく、風向きや天候により不規則に広がったそうだ

近くのベラルーシも相当な汚染を受けたと言われている

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

次に僕らが見に来たのはチェルノブイリの中に忘れ去られたように放棄された観覧車

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

時折寂しそうにキーキーと音を立てて風でひとりでに動き出すことがある

機械で物質なのになんだか可哀想になってくる

Chernobyl

ここでも欧米人たちがガイガーカウンターで測定

Chernobyl

Chernobyl

210.2マイクロシーベルト

数字の右側に表示されてる「μSv/h」が大事

SvってのがシーベルトでμSvはマイクロシーベルトを意味する

シーベルトの1,000分の1がミリシーベルト(mSv)、 その1,000分の1がマイクロシーベルト(μSv)、さらにその1,000分の1がナノシーベルト(nSv)です

「/h」は1時間の意味

つまりこの場所に1時間いたら210.2マイクロシーベルトの放射線量を受ける事になるという事だ

210.2マイクロシーベルトはミリシーベルトになおすと0.21ミリシーベルト

上記したように通常僕らが生きてて自然界から浴びる放射線の量が1年で2.1ミリシーベルトなので、ここに1時間いるだけで1年の10分の一もの放射線を浴びてしまう

Chernobyl

当時これに乗って遊んでた子供達も今や皆大人になった

その人達はこの観覧車のこと覚えているかな

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

ツアーの終盤は当時チェルノブイリで一番栄えていた町の中心部へ

ガイドが当時の写真を見せてくれたんだけどその中心部も同じ町とは信じられないくらい別物になっていた

今では木々に覆われた廃墟郡だ

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

Chernobyl

そしてここが5万人が住んでいたプリピチャ市

Chernobyl

今ではゴーストタウンを越えて不謹慎ながら廃墟マニアが喜びそうな町並になっている

Chernobyl

プリピチャ市で一番高いビル

だったと思う 間違ってたらゴメン

Chernobyl

共産党圏らしいシンボルの付いた建物を見て回って最後は再び放射線量を計測する機械をを通過してツアーは終わり

Chernobyl

ここを警報をならさず(基準値以下)無事通過したらあとはいくつかのモニュメントの前で記念撮影をしてキエフに戻るバスに乗り込む

Chernobyl

チェルノブイリは思った以上にすごい状態になってる町だった

日本も本当は福島を同じように隔離しないといけないはずだよな

Chernobyl

最後にチェルノブリの町のモニュメントに立ち寄った

チェルノブイリの町は原発から20キロと意外に離れていた為、現在では人がまた暮らし始めているそうだ

ただし今ここで暮らしてるのは本人が希望した人だけ

若者はほとんどいない

もし自分がこの町で生まれ育ったなら放射能がまだあれだけ残ってても戻りたいと思えるだろうか

キエフに戻るバスの中でそんな事を考えながら僕のチェルノブイリツアーは終わっていった

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
Translate »