映画「ショーシャンクの空に」のラストシーンの舞台ジワタネホ

2019年10月10日

「ショーシャンクの空に」という映画を知ってるだろうか

1994年公開の映画なのでもう随分昔の映画だ

約25年前ということか

日本でもヒューマンドラマの映画の代表格で有名になってるので名前を聞いたことのある人も多いと思う

元々はスティーブンキングの「刑務所のリタ・ヘイワース」という小説が原作になっていてそれを映画化したものだ

ティムロビンス扮するアンディ・ディフレーンという優秀な銀行マンの男が冤罪によって長きにわたって投獄されてしまう

その腐敗した刑務所の中でも希望を捨てずに生き抜いていくヒューマンドラマだ

僕はこの映画が大好きでかれこれもう20回ほど観ている

なんだったら名シーンのセリフも覚えてるくらいだ

そしてそんな名作「ショーシャンクの空に」の刑務所内で友情を誓ったアンディとレッドが塀の外に出れたら落ち合う約束をした約束の地がメキシコの「ジワタネホ」という場所なのだ

映画ではジワタネホと字幕に表示されているが実際には「シワタネホ」(Zihuatanejo)と呼ぶ

スペイン語ではZから始まる文字はサシスセソ読みなので Zi は「ジ」ではなく「シ」と発音する よってシワタネホが正しい読み方

僕は大好きな映画ショーシャンクの空にのラストシーンの舞台Zihuatanejo (シワタネホ)に今から向かう

主人公アンディが余生を過ごしたいとレッドに語った海沿いの町

ジワタネホは僕がメキシコに来たら絶対に行きたいと思ってた場所なのだ

Zihuatanejo (シワタネホ)の場所はここ

Zihuatanejo (シワタネホ)へのバスはメキシコシティの南バスターミナルから出ている
メキシコシティからジワタネホ

僕は事前にネットで料金と出発時間を調べてバスターミナルのADOのカウンターで直接チケットを買いました

ADOというのはメキシコ国内の長距離バスで一番有名な一等車のバス会社です

これがシワタネホまでのバスの料金

メキシコシティからジワタネホ

僕は夜21時30分の夜行バスの便を選びました

シワタネホまで10時間ちょいなので明日の朝の7時過ぎには到着してるはず

そして翌朝ほぼ時刻通りにたどり着いたシワタネホ

メキシコシティからジワタネホ

ジワタネホ

ジワタネホはメキシコ太平洋沿岸にある小さなリゾート地だ

メキシコで太平洋沿岸のリゾート地といえばアカプルコを想像する人が多いかもしれないがアカプルコはマフィア同士の抗争が長年続いたせいで客足が遠のいてしまった

カンクンにメキシコリゾートNo.1の地位を奪われたアカプルコは廃れてしまったが、今でもマフィアの抗争が続いてる

そんな中、アカプルコの近隣でローカルの人達からリゾート地として親しまれてる小さな漁村&リゾートがジワタネホだ

カンクンやアカプルコは世界中の人が楽しみに来るリゾート地

でもジワタネホは地元民から愛されるリゾート地って感じ

ジワタネホ

シワタネホのダウンタウンの交差点にはなぜか鳥居が

まだ朝早いので一旦予約してたホテルに荷物だけ置かせてもらってすぐ近くの小さなビーチに行ってみることにした

シワタネホ Zihuatanejo

この細い通路を下っていくと宿から一番近いビーチに出る

シワタネホ Zihuatanejo

ここがシワタネホのダウンタウンエリアの小さなビーチ

シワタネホにはいくつかのビーチがあるがメインビーチはLa Ropa Beachというビーチになる

La Ropa Beachには後ほど向かう事にする

シワタネホ Zihuatanejo

ビーチ周辺の小高い山には斜面にいくつもリゾートホテルが並んでいる

そういえば映画の中でアンディはいつか出所出来たらここシワタネホで小さくてもいいからホテルを経営したいと言っていた

シワタネホ Zihuatanejo

ちょっと曇り空だけど素朴でいいビーチだ

外国人観光客が全然いないのがまた良い

シワタネホ Zihuatanejo

のんびりとビーチを散歩する人、町の市場のレストランで新鮮なシーフードを楽しんだりする人達

高級リゾートもいいけどたまにはこんなあまり外国人が来ないローカルリゾートもいいもんだ

シワタネホ Zihuatanejo

シワタネホ Zihuatanejo

シワタネホ Zihuatanejo

ダウンタウンエリアのビーチがこれならメインビーチのLa Ropa Beachはもっと期待できそうだ

ひとまず今日予約してるホテルにチェックインしてしまおう

Villas Mercedes

今回僕がシワタネホで泊まったホテルはVillas Mercedesというホテル

ここはリゾート地なので基本宿泊施設は個室ばかり

Villas Mercedesの場所はここ

僕の個室には大きめのダブルベッドに専用のシャーワー&トイレ

Villas Mercedes

Villas Mercedes

Villas Mercedes

なんで部屋にクローゼットが2つもあるのかな?と思い開けてみるとひとつは僕の部屋専用のミニキッチンでした

Villas Mercedes

こんな感じでコンロに電子レンジに電気ポットに冷蔵庫と結構色々揃ってた

Villas Mercedes

Villas Mercedes

Villas Mercedes

Villas Mercedes

個室でこのクオリティはすごいわ

さすがローカルとはいえリゾート地のホテル

Villas Mercedes

  • ロケーション:★★★☆☆
  • スタッフ  :★★★★☆
  • 価格    :★★★☆☆
  • 清潔感   :★★★★★
  • WIFI    :★★★★☆

※あくまでも個人的な評価です

ロケーションはダウンタウンエリアにある為、シワタネホのメインのビーチまでは30分は歩くので星3つにしてます

スタッフは一応に皆親切である程度の融通も聞かせてくれる

ホテルの設備と清潔感は満点 ホテル内には小さいけどプライベートプールもあります

 Wifiはサクサク
この設備なのでしょうがないけど少しだけバックパッカーには高めのホテル

シワタネホ Zihuatanejo

とりあえずチェックインを済ませたことだしLa Ropa Beachというシワタネホのメインにあたるビーチを目指そう

シワタネホ Zihuatanejo

歩いてLa Ropa Beachに向かう最中通りの左右にはたくさんのリゾートホテルが立ち並んでいる

この辺のエリアはいかにも高そうだ

ローカルのリゾート地とはいえそこそこの値段がするだろう

シワタネホ Zihuatanejo

シワタネホ Zihuatanejo

シワタネホ Zihuatanejo

シワタネホ Zihuatanejo

ビーチまでの道のりの坂道は運動不足の僕にはちょうどいい運動になる

シワタネホ Zihuatanejo

汗だくになりながらひたすら坂道を登っていると右手にメインのビーチらしきものが見えてきた

シワタネホ Zihuatanejo

登って来た分ここからは逆に下り坂 自然と足が軽やかになる

シワタネホ Zihuatanejo

La Ropa Beach

そしてついにシワタネホのメインビーチのLa Ropa Beachが見えて来た

La Ropa Beach

La Ropa Beachの場所はこちら

La Ropa Beach

おぉ メインビーチなのに人少なめ

La Ropa Beach

そしてさっき坂道を歩いてる時から大分晴れ間が見え始めていた

メインビーチに着いた途端いい天気になるなんてさすがは晴れ男

La Ropa Beach

ビーチを歩いているとビーチ沿いにバーレストランを出している女性スタッフから「パラソルとチェアはいかが?」と声をかけられた

ビーチにはいくつものソファーベッドのようなリラックスできる椅子が置いてあり、木で作ったパラソルが木陰を作っている バスタオルまで貸してくれるそうだ

La Ropa Beach

いくらなの?と聞くと「セテンタイシンコよ」と聞こえた

ええっと・・75ペソって事かな 随分安いな

あまりにも安すぎるので念のためスマホのカレンシーコンバーター(通貨アプリ)のメキシコペソのところに75と打ち込んで画面を見せて確認をした

それを見た女性スタッフは75ペソの文字を見てうんうんと頷いた

La Ropa Beach

75ペソって350円しないくらいだぞ 破格だろ安過ぎるだろ

もちろん借りました 荷物を置いておく場所も欲しかったからね

La Ropa Beach

La Ropa Beach

ヤバイなぁ 最高だろこれ

天気はいいし、人は少なめだし、ほとんどがローカルの人達だし

こんなリゾート気分を味わえるソファー&パラソルが激安だし

La Ropa Beach

気分良くなってレモネードを注文

冷たいレモネードを飲みながらビーチで遊ぶメキシコ人ファミリーを眺める

La Ropa Beach

空も静かな波もこのビーチの雰囲気も最高だ

僕ももうしばらく休憩したらビーチを端から端まで歩いて泳ごう

La Ropa Beach

La Ropa Beach

さて無事にたどり着いたこのシワタネホのビーチ

確かにショーシャンクの空にの映画のラストシーンの舞台はこのシワタネホのビーチだ

だけどそれは作中のラストシーンの舞台としてこのシワタネホの名前が出てくるだけであって、実を言うとあのラストシーンの撮影地はシワタネホではなく別の島なのだ

La Ropa Beach

要はあの2人が再会の抱擁をするシーンはシワタネホということになっているが別の場所で撮影したもの

それではあのラストシーンの撮影地はどこかと言うとアメリカ領バージン諸島の「セントクロイ島」という島なのだ

セントクロイ島の場所はここです

カリブ海に浮かぶアメリカ領の島

グーグルマップではサンタクルスと表示されている

ラストの撮影場所が実はここだという事はショーシャンク好きの人は結構知ってるネタです

La Ropa Beach

でも それでもこのシワタネホの町やビーチは美しくスティーブン・キングが作中にここをラストの舞台に、そして2人の再会の地に選んだ事に何の疑問も持たない

La Ropa Beach

いい場所だなぁホント 来て良かったよ

La Ropa Beach

あの映画を初めて観たのがもう24、5年前

あれからシワタネホにいつか行ってみたいなぁと思っていた

時間はかかったけどやっと来れたよ

La Ropa Beach

La Ropa Beach

La Ropa Beach

ビーチ沿いに並ぶ飲食店もいい雰囲気

普通こういうお店は高くて当たり前なのにそこはローカルのリゾートらしく値段も抑えてある

La Ropa Beach

La Ropa Beach

ビーチをひと通り散歩し終わったところでさっきの75ペソ払ったソファーとパラソルを貸してくれている場所に戻ると「食事はどうされますか?」と聞かれた

僕が食事はいいですと答えると「料金に含まれてるわよ」とびっくりするような答えが返ってきた

え? 俺75ペソ(約350円)しか払ってないんだけど

それであのソファとパラソルとバスタオルに加え食事までついてるってちょっとさすがにおかしくないか

「え?さっき言ってた75ペソに食事まで含まれてるの?」と驚いた顔で聞くと向こうも驚いた顔で「75ペソじゃなくて75ドルよ」 

はい?

いや、俺さっき口頭でもスマホの画面上でも75ペソって部分を2回確認したよね?

なんか安過ぎておかしいなと思ったけどまさか75ドルだったとは

とりあえず英語話せるスタッフを呼んでもらってさっき75ペソって言われたからソファーやパラソルやバスタオルを借りた状況を説明した

その結果、なんとタダ

無料でそのままソファーとパラソルとバスタオルの3点を借りれる事になった

でもこれだけのレンタルで75ドルって逆に高いんじゃないか?

どういう事なのかよくよく聞くと実はここリゾートホテルの所謂オールインクルーシブのサービスだったのだ

オールインクルーシブというのはリゾート地のホテルでよくあるサービス方法で宿泊費が少し高い代わりにその料金に宿泊代とそのホテル内での食事、ドリンク、その他受けられるモロモロのサービスが全て込みになっているというものだ

つまりここのホテルは75ドルで宿泊費からビーチのソファー&パラソルのサービスから食事・ドリンクまで全て込みでやっていたのだ

タダにしてもらったけど何か悪いのでレモネードの料金だけ払った

La Ropa Beach

ビーチでは相変わらず家族づれとカップルがパラセーリングやバナナボートを楽しんでいる

La Ropa Beach

海の透明度は決して綺麗ではないけど人が少なめの昔の日本の海水浴場って感じでいいリゾート地だ

La Ropa Beach

La Ropa Beach

La Ropa Beach

アンディとレッドが再会を果たし抱擁したシワタネホのビーチ

La Ropa Beach

念願のこのビーチに来れて僕はまた世界一周中のやりたい事をひとつクリアした

昔テレビの中だけの憧れだった場所、学校で習った教科書の中の世界、絶景の写真集の中の世界

そういう場所に本当に行けるから世界一周はやめられないんだ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
Translate »