サンサルバドルからホンジュラスに陸路移動で国境越え

2020年1月6日

昨日の記事の続きです

この日僕は宿をチェックアウトしてUber を呼んでロサリオ教会を見に行っていた

前回の記事はこちら

2020年1月6日 エルサルバドル3日目 今日は首都サンサルバドルで観光といえばまずここという場所に行ってみたい...

サンサルバドルの見どころの教会を見学した後僕はそのまま歩きでサンサルバドルのチキンバス乗り場を目指した

サンサルバドル

ホンジュラスとの国境に向けてチキンバスが出るのは東バスターミナルと呼ばれているテルミナルデオリエンテ

ロサリオ教会からも歩いて15〜20分なので十分歩いていける距離だ

ホンジュラスとの国境行きのチキンバスが出るTerminal De Orienteの場所はこちら

こちらが到着したテルミナルデオリエンテ

サンサルバドル

チキンバスやらここまで客を乗せてきたタクシーなどが適当に駐車されている

ホンジュラスとの国境駅のチキンバスはどれかと聞くとすぐに別のバスの運転手が教えてくれた

サンサルバドル

いつもどおり乗り込んでから客がいっぱいになるのを待つ

サンサルバドル

すぐに売り子がカットされたフルーツなどを売りにバスの中にやって来る

サンサルバドル

昼の12時20分、チキンバスはホンジュラスとの国境に向けて出発 国境まで1.8ドル

アドゥアナ エル・ポイ Aduana El Poy

そして約2時間後の15時35分エルサルバドルとホンジュラスの国境に到着

まずは歩きでエルサルバドルのイミグレーションに向かう

途中闇両替でホンジュラスの通貨レンピーニャに両替

アドゥアナ エル・ポイ Aduana El Poy

上の写真がエルサルバドルのイミグレーション

出国審査は並んでる時間も含めてものの5分かからず終了

エルサルバドル&ホンジュラス国境

そこからまた歩きで次はホンジュラス側のイミグレーションへ

入国税3ドルを払ってこちらも5分かからず終了

夕方16時、ホンジュラス入国完了

エルサルバドル&ホンジュラス国境

上の写真がホンジュラス入国スタンプと入国税3ドルを払った証明

イミグレを通り過ぎて少し歩くと右側に近くの町まで行くミニバンが出てる

エルサルバドル&ホンジュラス国境

これに乗って僕は一旦Ocotepeque(オコテペケ)という町まで行く

本当はホンジュラスの北西部のコパンルイナスという町まで行きたいのだがそこまで行くには今日は時間がなさすぎる

よって今日は次のOcotepeque(オコテペケ)に一泊して明日の朝からまたコパンルイナスを目指す予定だ

16時10分 オコテペケに向かってミニバン出発

料金はよくわからなかったので1ドル払ったら10レンピーニャ返ってきた

オコテペケ Ocotepeque

バンは20分後の16時30分にOcotepeque(オコテペケ)に到着

オコテペケ Ocotepeque

これといって何もなさそうなこじんまりした町

ミニバンを降りたところの目の前にホテルツーリストというホテルの看板が見えた

オコテペケ Ocotepeque

入り口の方に回り込んでみるとちょうど宿のスタッフが入り口にいたので今日泊まれるかどうかを確認

僕以外にお客さんは2組しかいないようでとりあえずシングルルームにチェックイン

オコテペケ Ocotepeque

シングルルームの料金は300レンピーニャ(約1300円)

ここはドミトリーはなくすべて個室

Hotel Turista(オテルツーリスタ)

  • ロケーション:★★★★☆
  • スタッフ  :★★★☆☆
  • 価格    :★★★☆☆
  • 清潔感   :★★★☆☆
  • WIFI    :★★☆☆☆

※あくまでも個人的な評価です

この町に来るチキンバスやミニバンが止まる停留所から徒歩1分

そういった意味では立地はめちゃくちゃ便利でした

部屋はベッドがあって荷物を置くとあとはそこまで広くない

Wifi はあるけどそこまで速くはないのであまり期待しないように

完全にコパンルイナスに行く時の中継点に使う宿ですね

オコテペケ Ocotepeque

今日は朝から移動してたのであまり何も口に入れていない

飯を食えるところを探すのついでにせっかくだからオコテペケの町を歩いてみよう

オコテペケ Ocotepeque

向かいに見えてる黄色いチキンバスが止まっているところがこの町のバスの発着所

明日僕がコパンルイナスに向かう時もここからチキンバスに乗って行くことになる

オコテペケ Ocotepeque

恐ろしいぐらい質素な街なんだけど、でも中米の地方の小さな町なんてこんなもんだよな

ホンジュラスと一口に言っても日本にはあまり馴染みのない国だろうしあまりこの国のことを知らない人が多いと思う

そういう僕もホンジュラスに来るまではたまに日本代表とのサッカーの親善試合で呼ばれてる国ってイメージぐらいしかなかった

中米のほぼ中央に位置して国土の8割が山岳地帯のホンジュラス

国の名前は16世紀初頭にコロンブスがこの地を訪れた際船から怒りを下ろそうとしたら思いがけず膿が深く海底まで届かなかった

そこでスペイン語で「深い」という意味の「オンドゥラス」を英語読みしたのが今のホンジュラスになったという

オコテペケ Ocotepeque

ちなみに中米で貧しい国といえばニカラグアかこのホンジュラスらしい

ホンジュラスの国民の6人に1人が失業者なんて話も聞いたことある

オコテペケ Ocotepeque

オコテペケの町で一番大きなスーパーマーケット

夕方なのに買い物してる人はまばら

オコテペケ Ocotepeque

スーパーマーケットのすぐ近くの公園の寂れ方がすごい

人が全然いないよ

オコテペケ Ocotepeque

道には時折注射器が落ちている

安価なヘロインでも出回ってるのだろうか

こんな注射器落ちてるような町だけど別に危険な空気はない

オコテペケ Ocotepeque

生活!(笑)

オコテペケ Ocotepeque

とりあえず小さな町だから暗くなるとお店が全部閉まりそうなので今のうちに飯屋を探す

チキン料理を出している食堂を見つけたので中に入ってホンジュラスで初の食事

オコテペケ Ocotepeque

値段は覚えてない でもまあまあ美味かった

オコテペケ Ocotepeque

ホンジュラスでもツリーは飾ったままなんだね

日本はクリスマスが終わったらすぐさまお正月の準備でクリスマスの飾り付けをとってしまうのでなんだかあっけないんだよな

オコテペケ Ocotepeque

オコテケペのソカロのような役目をはたしている公園にやってきた

近くでサッカーをしている子供たちがいる

ホンジュラスはこれといった国技があるのかないのかわからないが一番人気のスポーツはサッカー

オコテペケ Ocotepeque

ホンジュラスはサッカーへの熱狂ぶりが凄すぎて昔サッカーの試合が原因で戦争にまで発展した歴史がある

隣国エルサルバドルとホンジュラスの「サッカー戦争」というやつだ

昔のワールドカップの予選でエルサルバドルと対戦したホンジュラス

両国のサポーターが乱闘を起こしスタジアムの周辺の自動車を放火したり、暴行による死者が出るまでの大乱闘になった

これによって両国の関係が急速に悪化して戦争に発展してしまったのだ

結局ワールドカップ予選はエルサルバドルが勝ち上がりワールドカップへの出場権を得た

そういう意味ではこの戦争はホンジュラスにとっては苦い記憶になってるだろうな

てゆうかエルサルバドルってワールドカップに出たことあったんだね びっくり

オコテペケ Ocotepeque

明日僕は朝からこの町を出てコパンルイナスを目指す

コパンルイナスにはコパン遺跡がありそこもマヤ文明の一部だ

その遺跡を見るためにホンジュラスで唯一観光客が集まると言われているコパンルイナス

オコテペケ Ocotepeque

今からコパン遺跡を見に行くのが早くも楽しみだ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
Translate »