タイタニック号の沈没事件は事故ではなく仕組まれていた

2021年5月3日

皆さんは「タイタニック」という映画を見た事があるだろうか?

1997年に上映されたレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットによる恋物語と共にパニック映画の要素も含む大ヒット映画だった

この有名なシーン、覚えてる人も多いのではないだろうか?

しかし、本当のタイタニック号の沈没劇はこの映画のような綺麗な話ではなく、またも金にまみれたとんでもない仕組まれた事件だったという真実を知らない人が多い

今日はあの事件の真相に迫って見たいと思う

1912年4月15日早朝

絶対に沈まないと言われた豪華客船タイタニック号

まだ暗い早朝4時過ぎに氷山にぶつかり、事故からわずか3時間で船は沈没

乗客2224名のうち約1500人の命が海の底に消えた

しかしこの沈没事故

非常に不可解な点が数多く残されてる事をご存知だろうか

それを少しずつ紐解いていこう

タイタニック号にそっくりな客船がもうひとつあった

まず前提としてタイタニック号には作りがそっくりな姉妹船があったという事実を知らなければなりません

その客船の名は「オリンピック号」

このオリンピック号はタイタニック号と外観がそっくりな姉妹船でした

写真で見比べてもほぼ同じですよね

細かく見ると違うところもあるのですが、パッと見ただけではほぼ違いはわかりません

これが後に客船が入れ替わっていた疑惑につながります

船のオーナーが処女航海にも関わらず前日に乗船をキャンセル

このタイタニック号という豪華客船のオーナーでもあるジョン・P・モルガンという富豪がなぜか記念の処女航海の出航前日に乗船をキャンセルしてます

本来なら船の中での挨拶のスピーチなど色々あったでしょう

オーナーがそこに存在しないというのは極めて不自然ですね

下の写真がタイタニックのオーナー「ジョン・P・モルガン」です

え?たまたま体調不良だった可能性もあるって?

そうかもしれませんが、このオーナーに招待されていた親しき友人50名も同時にキャンセルしてます

はたしてそんな一斉に体調不良で同時にキャンセルになるでしょうか?

まるで沈没するのを知っていて逃げたようなタイミングと偶然じゃありませんか?

また、モルガンという名前を聞いてピンときた人もいるでしょう

そうです、彼は世界三大財閥にも名を馳せるモルガン財閥の人間です

ジョン・P・モルガンは国際銀行家でモルガン銀行の創始者

そしてこの沈没事件のあとモルガンはアメリカのFRB中央銀行の設立に深く関わっていく事となります

この辺からもう胡散臭くなってきましたね

客船は多額の保険をかけられてすり替えられていた

タイタニック号の沈没後、一部の関係者の間で実は沈んだ船はタイタニックではなく別の船ではないか?っという話が駆け巡ってました

というのもあのオーナー、過去に自分の持ってる船で事故を起こしてたんですよ

その船の事故によって多額の賠償金を請求されてました

その過去に事故を起こした船というのが姉妹船のオリンピック号だった訳です

事故でオリンピック号は使い物にならない客船となってしまった

上記したようにオリンピック号とタイタニック号は姉妹船の為、見た目はそっくりです

つまりこの2隻は入れ替えられていたとしてもほとんどの人が気づかなかったという事

下の写真が示すように細かな部分を見ると違いはあるのですが、誰がこの時そんな細かい部分に気づいただろうか

中でも分かりやすい違いとしてポートホール(客船に付いてる丸い窓)の数の違いが指摘されてます

オリンピック号はポートホールが16個、

タイタニック号はポートホールが14個でした

では処女航海に出る前のタイタニック号の写真を見てみましょう

なぜかタイタニック号のはずなのにポートホールが16個あります

という事は・・・・

この処女航海に出ようとしてる客船は以前事故を起こしたオリンピック号だったのではないでしょうか?

というか確実にそうでしょう

オリンピック号で事故を起こした船長がなぜかまたタイタニックの船長になっていた

そしてさらに不可解なのがこのタイタニック号の船長です

なんとオリンピック号とタイタニック号の船長は同じだったんです

以前自分の豪華客船で事故を起こした船長を新たな処女航海の客船の船長にわざわざ抜擢しますかね?

普通の神経のオーナーならまず別の船長にするはずです

しかし、なぜかオーナーのジョン・P・モルガンはあえてオリンピック号を事故らせた船長を選出しました

これは不自然過ぎるセレクションですね

下の写真が船長のエドワード・J・スミスです

彼が結果オリンピック号とタイタニック号の2隻を沈めた悪名高き船長となりました

しかもこの船長、タイタニック号の事故が起こる前に他の船から航路に氷山があることを知らされていたのにその警告を無視していた事が通信記録に残っています

その警告を受けた他の船は進路を変えるか待機してたにも関わらずです

つまり警告を知ってたのにワザとその氷山に向かっていった事になります

不自然に高い保険金がかけられていた

あれだけ「絶対に沈まない船」と言われてたタイタニック号

それにも関わらず何故か不自然なほど高い保険金がかけられてました

もちろん乗客を乗せる様な船には保険がかけられてるのが普通です

ですがタイタニックには他の船に比べてかなり高額な保険がかかっていたのです

金額にして約500億以上

絶対に沈まない船にしては随分と用心深く多額の保険をかけたものですね

今まで書いてきた上の項目も含めてこれらが意味するものとは何でしょうか

決定的な証拠を露呈しない為に船を引き上げない

今でも大西洋に沈んだままのタイタニック号

今の技術をもってすれば沈没船の引き上げはそこまで難しくないようにも思えますが、タイタニック号は依然海の底です

沈んでる船の船首には「TITANIC」とロゴが確認されてます

ですが近年そのロゴが錆びて塗装が剥がれてきました

そしてその下から別の船の名前を記した様なロゴが発見されてます

それが下の画像です

左の写真でも見えづらいですがかすかに「MP」という文字が確認できます

タイタニックなら表記はTITANIC

つまり船のロゴにMやPはスペル的に入りません

しかしオリンピック号の場合はどうでしょうか?

オリンピックのスペルは「OLYMPIC」

OLYMPICのスペルではMとPが並んでます

つまりこれはOLYMPICのロゴの一部が発見されてしまった事を意味します

最初にも言いましたがもし本物のタイタニック号ならどうして船引き上げないんでしょうね?

これ以上更に決定的な証拠が出るのを嫌がる権力者がいるって事ですかね

結論 真実はこうだ

客船のオーナーのジョン・P・モルガンはオリンピック号の事故により多額の賠償を背負いました

そして事故を起こしたオリンピック号はその後保険に入れないくらいボロ船になった

保険に入れないまま客船として客を乗せられないオリンピック号は所持していても意味がないお荷物船となった訳です

オーナーは多額の賠償金とお荷物のオリンピック号という2つの頭を悩ますものを抱えてたのです

そして彼はこの2つを上手く処理して、さらに金を得るという悪魔の手口を閃きます

もう皆さんお分かりですよね

オーナーのジョン・P・モルガンは新しい客船タイタニック号の処女航海と銘打ちながら、客船を見た目そっくりのオリンピック号にすり替え、一度事故を起こしたボロ船オリンピック号に乗客を乗せて航海に出たのです

そしてそれはタイタニック号という事になってるので多額の保険金がかけられてます

要は保険のかかった偽タイタニック号のオリンピック号をワザと沈没させたのです

そして新品の本物のタイタニック号は手元に残る

つまりあの沈没事故は映画の様な美化された話でも何でもなく、お荷物船を処理しながら多額の金を得る壮大な保険金詐欺だった訳です

最初からワザと沈没させる為に出航したのですよあの船は

オーナーは友人と前日にキャンセルして逃げてるので、あとの乗客の命などはどこ吹く風です

他人の命など微塵も気にしてません

自分の利益のためなら何百人、何千人死のうとどうでもいい連中です

2つの船の船長が同一人物だったのも1度目のオリンピック号の事故の責任を取らされて計画を実行させられたからです

この事件の事に関してはタイタニック号の研究者でもあるロビン・ガーデナーという人がその他の不審な点も含めて書いてる書籍があるので気になった方は各自で見てみてください

今回僕がこのタイタニック事件を取り上げたのは世の中にこんな事件は山ほどあるからです

自作自演での事故やテロや戦争というのは皆さんが思ってる以上にありふれてる

でもその事件の裏の背景を知らない人だらけだから

なので他の事象も少し疑った視線で見る癖をつけるとその裏側に隠された本当の目的とそれを扇動してる組織の存在に気づけるかな?っと思い今回記事にしました

また今後こういった皆さんが仕組まれたものと気づいてない事件も書いていくかもしれません

では!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
Translate »