スイスの首都ベルンで野宿

2019年7月20日

トリノからバスに乗ってスイスに入国

もちろんここはヨーロッパのシェンゲン圏内なので国境も何もなくそのままバスで素通り

トリノからベルン

トリノからベルン

スイスに入って少し経ったところから窓の外の景色が少しずつ田舎になり、そして田舎ならではのどこか落ち着く風景が流れていた

トリノからベルン

トリノからベルン

バスの左手に湖が見え始めその湖のほとりにスイスの田舎暮らしの人たちの家屋が見える

トリノからベルン

トリノからベルン

バスは数時間の走行の後にベルンの街の北バスターミナルに到着した

ここからベルンの街に出るにはすぐ近くの小さな駅から路線バスに乗らないといけないらしい

駅で券売機で切符を買わないといけないんだけど買い方がわからない

するとすぐに路線バスがやってきて運転手がわざわざ僕のために降りて来て切符を買ってくれた

スイス人さすがの優しさとホスピタリティーだな

ベルン

ただなんだこの路線バスの異様な値段は・・

ここからベルンの街の中心へはこの路線バスでだいたい10分ちょっと

これで4.6スイスフラン(約520円)

ただのバスが日本の2倍近くしやがる

物価の高い国だっていうのはわかってはいたけどこれはなかなか強烈だな

トリノからベルン

そして10分後にベルンの街の中心に到着

首都だけあってなかなか近代的な街になっている

トリノからベルン

ベルン

そしてスイスといえば時計の国

街のあちこちに時計屋や時計塔がある

この街の中で見かける時計の多さを見ているとついにあのスイスにやって来たんだなぁという実感が湧いてくる

ベルン

ベルン

そしてもうひとつ スイスと言えば銀行

スイスには中世からの銀行業の歴史があり多数の金融機関がある

顧客情報の秘密主義に徹したスイスの銀行は他国の大統領などもこの国に隠し口座を持ったりする事で有名

またスイスの通貨スイスフランは「金よりも堅い」と言われるほど世界で最も安定した通貨だ

ベルン

とにかくいろんなことがすごいこのスイスという国

ベルンでの滞在は今日1日だけだけど見れる限りこの国の様子を見て回ってみよう

どちらの方向に歩いてるかも分からず大通りを歩いていると小さな広場に出た

ベルン

ベルン

中央に小さな噴水があり地元の人が噴水の水をペットボトルに詰めている

どうもこの水は飲料水として飲めるようだ

ベルン

ありがたかったので僕もペットボトルをここで補充した

ベルン

更に広場の近くにスーパーマーケットがあったのでそこで小さなサンドイッチを購入

パン2つで4.65フラン

スイスは物価の高い国だ
だからこそこういうところで節約するとその節約の効率はかなりでかくなる

スイスでは出来る限り節制するぞ

ベルン

広場でサンドイッチをかじりながら地元のおじさんたちが興じるチェスを見てのんびりした

それにしても暑いな  それもそのはず、少し曇ってるにも関わらず30度ある

ベルン

でも夏のスイスは一番いい時期のはずだ

お金はかかるけどスイスで一番いい時期にここに訪れることが出来てる僕はラッキーだな

ベルン

ベルン

ベルン

広場から少し歩くとスイスの国旗が誇らしげにはためく石畳の通り沿いに大きな時計塔があった

Zytglogge(ツィットグロッゲ)という有名な時計塔らしい

ベルン

これはスイスで最も古い仕掛け時計の一つだそうだ

上部の鐘は大昔は手で鳴らされていたらしい

仕掛け時計になり自動になったのが500年前

一体どれだけ古いんだよ

ベルン

こちらが裏面

表も裏も凝った時計が施されてるので見ていて飽きない

この辺は流石としかいいようがないな

ベルン

ベルン

おぉ、時計塔の近くに本場マムートの正規店発見

マムートすごくいいアウトドアブランドなんだけど高いんだよね

さて今日も当然この高いスイスで宿に泊まれるわけもなく、昨日のトリノに続いてまた野宿だ

でも野宿する日っていうのはいつもネット難民・充電難民になる

だから僕は大体野宿する日は寝床に行くまでは遅くまでやっているマクドナルドなどに行ってそこでネットをつなぎ充電もすることにしている

この日もいつものようにマクドナルドを見つけて何気なく入ってみた

ヨーロッパのマクドナルドは注文がほとんど自動パネルなのでいつものように何を買うか決めるために自動パネルの前に立った

ベルン

ハイ、ここハンバーガーの値段過去最高

ハンバーガーは日本なら100円、ヨーロッパ諸国でも1ユーロ

あの物価の高い金持ち国家のモナコでもひとつ2ユーロだった

このスイスはハンバーガーがひとつ2.5スイスフラン(約280円)

この国にバックパッカーが長いすると物価に殺されますね(笑)

ベルン

ハンバーガー1個とブラックコーヒー1杯で夜まで耐え忍んで暗くなってから目をつけていた野宿ポイントに向かうバスが無くなる前にマクドナルドを出た

野宿するポイントはあらかじめグーグルマップとにらめっこして決めていた

スイスは自然が多いので首都のベルンとはいえ街の中心からバスで10分〜15分も離れれば大きな公園がいくつかある

そしてその公園も広大なので奥の方に入ってくると公園というよりもう半分森のようになっている

僕が狙ってたのはその森の中の人が来なさそうなポイント

行ってみると狙いはバッチリ的中した

テントを立ててる途中で一組のカップルが奥から歩いて来て、こんな夜中に森の中でガサゴソしてる僕を見て一瞬驚いていたが僕がバックパッカーでテントを立てているのを目で見て確認するとホッとしていた

いや僕も奥から人が歩いて来た時はビックリしたんだけどね

ベルン

夜の12時を過ぎたらもう森の中は虫の鳴く音だけが響いていた

久しぶりに静かな夜だ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
Translate »