慣れ親しんだあの国へ

2022年3月23日

おはようございます

今日はエクアドルを出発してメキシコに向かう日

僕の飛行機はこのグアヤキルから一度コロンビアの首都ボゴタに行きそこでトランジット

その後ボゴタからメキシコシティに飛ぶ予定だ

エクアドルを発つ飛行機は午前中11時過ぎなので早めに空港に行くことにした

朝7時に宿をチェックアウトしてメトロビアのバス停へ

グアヤキル

グアヤキル

通勤の時間でちょっと人が多かったけどなんとか乗ることができてグアヤキルのメトロビアのバスターミナルまで移動

グアヤキル

2日前にも来たこのメトロビア専用のバスターミナルの中で空港方面行きのメトロビアに乗換え

空港方面行きも結構人が並んでる

グアヤキル

ここから空港までは一駅

バスの乗れさえしたらすぐに空港だ

メトロビアを降りて歩道橋を登り始めると目の前に空港の建物が見え始めてきた

グアヤキル

このまま歩道橋を使って向こう側に渡り空港に入ったら自分のチェックインカウンターを見つけよう

グアヤキル

空港の入り口のガラスに銃の持ち込み禁止のマークがあるのが面白い

日本だったらそんなもん書くまでもないことだからこんな表示日常で見当たらないけどエクアドルでは注意書きしとかないと持ち込む人がいるってことか

空港内に入ってチェックインカウンターで手続き

僕のトランジットは一度コロンビアに入国することになる

印刷した航空券の一部にもトランジットが自己乗り継ぎだという注意点がある

「エルドラド国際空港での乗り継ぎのため、受託手荷物を受け取りご自身で再チェックインする必要がありますと」明確に書かれている

このトランジットなのに入国パターンはたまにあるよね

チェックインカウンターではコロンビア入国のためのサイト登録をしてるかどうかを確認された

航空券も無事もらえてエクアドルの出国審査

グアヤキル

エクアドル出入国のスタンプが揃った

グアヤキル

そのまま自分の搭乗ゲートまで移動し iPhoneを充電しながらフライトまで時間を潰す

グアヤキル

さぁそろそろ搭乗だ

グアヤキル

僕を乗せた航空機は2時間のフライトで13時にコロンビアのボゴタに到着

コロンビアのイミグレーションは「トランジットで来た」と伝えるとあっさり通過

コロンビア

コロンビア入国!

コロンビア

荷物も無事に回収

これを持ったまま次の20:25のフライトまで時間を潰さないと

今から約7時間のトランジットだ

コロンビア

ボゴタの空港はそれは綺麗なもんで、広々としているし飲食店も多いし充電コーナーも充実している

30分ごとに繋ぎ直さないといけないけど空港の無料Wifiも飛んでいるので比較的快適に過ごせそうだ

コロンビア

コロンビア

カフェで休憩とiPhponeの充電

僕が持ってる iPhone7は旅でもう4年使ってるのでバッテリーがやばいことになっている

エクアドルに入った頃から特に充電の減りがやばくて最近では1日に3回はフル充電しないといけなくなっている

日本への帰国まではあとわずかのはず

なんとか日本まではiPhoneももってくれそうだが、日本でiPhoneを購入するとシャター音が強制的に鳴る仕様なのが堪えられない

日本に帰国する前に新しいiPhoneを購入するかどうかは今迷ってるところ

コロンビア

充電しながらずいぶん時間も潰した事だし、そろそろチェックインカウンターに行くとするか

チェックインカウンターに行くとよく言われる言葉を投げかけられる

「メキシコに行くのね?じゃあメキシコから出る時のアウトチケットを見せて」

またこれ聞かれるのか

航空会社はこれをやたら心配して毎回メキシコから出るアウトチケットを見せろと言われるが、メキシコの入国審査で出国のチケットを持っているかなんてまず確認されることはない

「メキシコには数回行ってますが、入国の際にアウトチケットの提示を求められた事は一度もありません」 と説明する

受付の女性が上司みたいな人と少し話をしてすぐに航空券を発行してくれた

コロンビア

20時25分発メキシコ行き

予定ではメキシコシティには日が明けた0:15ぐらいに着くはずだ

荷物を預ける時にまたマットとサンダルをバックパックから外せと言われる

コロンビア

また手でこの荷物を持って空港内を移動しないといけないのか

恥ずかしいんだよね、これ

コロンビアの出国審査を受けてゲートに移動

コロンビア

時刻は19:45  そろそろ搭乗開始だ

コロンビア

コロンビア

コロンビア

搭乗率は8割くらい

コロンビア

4時間半から5時間後ぐらいにはもうメキシコの上空だ

ほぼ時間通りにテイクオフ

コロンビア

さようなら、南米

またいつか

メキシコ

そして約4時間後

メキシコ

メキシコシティだ

普通に旅してる時も2ヶ月、そしてコロナの期間中1年6ヶ月もの間過ごしたメキシコだ

予定より少し早い23:50

メキシコシティの空港の滑走路に降り立った

3度目のメキシコ!!

まずはイミグレーション前で入国カードを記入して列に並ぶ

メキシコ

遅い時間の到着なのに人多いな・・

入国審査で審査員のオジサンに「お前スカパラを知ってるか?」っと聞かれる

スカパラ

東京スカパラダイスオーケストラの事だ

もちろん知ってる

「スィー。セニョール。あなたこそなぜスカパラをご存知で?」

「あいつらの音楽はアートだよ。昔からスカパラのファンなんだ」

メキシコに戻ってきての入国審査でいきなりスカパラを知ってるおじさんと談笑

うん、やっぱりメキシコの空気はいい

メキシコ

メキシコ入国のスタンプがついに S 1のページにたどり着いた

S 1のページとはパスポートを増補したページだ

僕のパスポートは10年のパスポートだけど、この世界一周でかなりのスタンプやビザがパスポートに貼られている

そのため正規の10年パスポートでもらえる52ページを全て消費したということ

ここからはポルトガルの日本大使館で増補したページを使っていくことになる

ようやくあの時増補したページ分が役に立つ時が来たぞ

メキシコ

アライバルゲートを出てまずは両替屋を探す

空港内で手持ちのドルを両替してしまおう

ドル札を持って両替屋に並ぶ

だけど僕が持ってる10ドル札、なぜか真ん中にマジックで線が引かれていてそれが原因で両替できないと断られる

仕方ないので ATMでとりあえず日本円で2万円ぶんぐらいのメキシコペソを引き出す

入国審査が混んでいたので時刻はなんだかんだで既に1時過ぎ

夜24時までなら地下鉄やメトロバスも動いているんだけど、この時間ではすでに公共交通機関は終わっている

後はタクシーかUberだ

メキシコシティは慣れてるとはいえ一応夜中の流しのタクシーは控えたほうがいい

というわけで空港内のタクシーサービスを利用しました

メキシコ

ちょっと高いけどダウンタウンまで300ペソ

約20分弱で僕がよく知ってるダウンタウンのエリアまでやって来た

タクシーを降りて見慣れた街並みを懐かしみながらバックパックを担ぎ上げる

ホテルも予約してなかったので、こんな夜中に荷物を担いだまま宿を回るのも面倒くさかったのでそのまま売春宿へ

メキシコ

連れ込み宿とか売春宿と呼ばれるホステル

日本で言うところのラブホテルですね

メキシコ

メキシコシティのラブホテルは普通に素泊まりのホテルとしても利用することが出来る

例えばブッキングドットコムでメキシコシティで条件を「個室のみ表示」にして、安い順に並び変えてみてください

上位にズラズラと出てくるのはほとんどがラブホテルです

受付のオバサンに「とりあえずWIfiがよく入る部屋に3日泊まらせてくれ」と言って料金払う

鍵を受け取って自分で部屋に行く

メキシコ

ここが今日から僕が最低でも3日間泊まるラブホテルの部屋だ

ラブホなんでこんな椅子まで置いてあります

メキシコ

フロントではこんな物も販売してますよって

メキシコ

日本のラブホテルと似てるね

時刻はすでに夜中の2時過ぎ

メキシコ

この時間でも17度か

メキシコは季節的にちょうど暑くなり始めるころ

だから夜でもそこそこ暖かいね

夜中の2時だけど到着したばかりなのでもうタコスが食べたくてしょうがない

ラブホテルを出てすぐのところに屋台が集まっているので早速タコスを食べに行く

メキシコ

メキシコ

7ヶ月ぶりの本場のタコス!

メキシコ

辛いけどたまらん

無料でコンソメスープももらえた

屋台のタコス屋なのに最高の味に感じる

メキシコには辛い料理がたくさんあるからいいね

これから少しの間の短い滞在が楽しみだ

タコスを食べ終わってから少し近くを散歩してみる

メキシコ

メキシコ随一のコンビニチェーン OXXO(オクソ)!

懐かしすぎる!!

何もかも知り尽くしたメキシコにまた戻ってきた

メキシコ

今まで何度も何度も見上げたレボリューションのモニュメント

これを間近で見ると「あぁ戻ってきたんだなぁ」と改めて実感する

あまりの懐かしさと嬉しさにコンビニで買ったお菓子とジュースでラブホテルの部屋に戻って一人でプチパーティーすることにした

明日から当分の間このメキシコを懐かしみながら楽しむぞ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
Translate »