なぜコロナを撒いたのか?世界の悪い連中の最終目標は何なのか?

2021年2月5日

おはようございます

そろそろ日本でも各メディアやSNSでロスチャイルドやロックフェラーの世界を牛耳ってきた一族の名前がどんどん出てきてますね

色々隠されていた事実に気づき始めた人も多いと思います

ですが、そもそもなぜロスチャイルドやロックフェラーなどのイルミナティがコロナウイルスを撒いたのか理由がはっきりわからないという人も多いかと思います

そんな事して誰得? なんの目的があってそんな事するわけ?っと思ってる人も多いと思います

そこで今日は闇勢力側のイルミナティ、

つまりロスチャイルド財閥やロックフェラー財閥や中国共産党がなぜ今回のコロナというウイルスを人工的に作ってまでパンデミック騒動を仕掛けたのか?

悪い連中ゴールはどこなのか? その理由について説明していきます

また信じがたい話かもしれませんが一旦最後まで読んでくださいね

結論から先に言うと地球を最終的にはユダヤ人だけの理想の世界にする事です

地球をユダヤ人だけのユートピアにする事

簡単に言うならユダヤ人マフィアによる世界征服です

これが根本にあることをまず理解してください

2030年までに人類の9割を削減し、残りの1割を奴隷・家畜化し、ユダヤマフィアのエリート700人で新世界秩序(NWO)の人類支配を完成させるのがこの計画の目的

ユダヤ人だけとはいえ働く人がいないと不便なので残ったユダヤ人一人につき2800人の召使いを持たせての暮らしにする予定

これが彼らの理想郷でありイルミナティのゴールです

悪い連中の最終目標です

まずこちらの命がけのメッセージをご覧ください 2分ほどの動画で日本語字幕付いてます

聞いての通りです

もう今は闇勢力側さんも自分達のことが明るみに出てるのは重々分かってるので、今更この人に何かしたりはしないだろうけど去年の前半なら消されててもおかしくないような暴露だと思います

昔彼らイルミナティが起こしてきたのはスペイン風邪→第1次世界大戦

そして世界恐慌→第2次世界大戦

そして今回はコロナウィルス→世界恐慌→第3次世界大戦を企てるユダヤマフィア(ロックフェラー家、ロスチャイルド家他)の世界人口削減計画

やり口はそれほど変っていません

連中はいつも病気や世界恐慌で人の不安を煽ってコントロールします

そして人口削減には戦争とワクチンと5Gが使われます

5Gの話はまた長くなるので別の機会に

※5Gの電波の危険性については世界中で専門家がすでに発信してますので各自で調べてみてください

すでに今は電磁波で人を殺す事が出来るところまで軍事技術が進んでる事も知っておくべきと思います

まずはエレクトロニック・ハラスメントという言葉をググってみる事をお勧めします

相手も人口削減計画においていくつかのシナリオを用意してました

それをこれから説明していきます

一つ目のシナリオ 第3次世界大戦

まずコロナパンデミックを理由にした世界恐慌でワザと大量の失業者を出し、その人達を軍隊(自衛隊)が大量雇用します

日本にも憲法改正させて先制攻撃を可能にし、軍国主義に突入させる

さらに世界をブロック化し、食糧·資源で対立させる

そして第3次世界大戦を勃発させ、戦争という程で世界人口削減するのが第1のシナリオでした

しかしすでにスパコンの軍事シュミレーションでアメリカとロシア、またはアメリカと中国が本気で核戦争すれば北半球に人は住めなくなって人口の9割が死ぬという結果が何度も出てます

2016年、オバマから不正選挙でヒラリーに政権移行する事が連中の間で決まってました

ヒラリーが戦争をすれば儲かるDS(ディープステート)の一味なのはもちろんアメリカ軍も知っていたのでトランプに声をかけてトランプをヒラリーの対抗馬にして全面的にバックアップしてヒラリー当選からの第3次世界大戦を回避したのが当時の流れです

また去年の夏の時点で米軍の良心派、中国、ロシアの話し合いで今後どのような状況になろうとこの3ヶ国で戦争をするのを回避するという合意が取り付けられたと国際ジャーナリストの方がおっしゃってます

つまり戦争で人口削減をするという一番恐ろしい計画は一旦回避されて別のシナリオに移行してるのが今の状況です

そしてこの別のシナリオが例のとんでもなく危ないワクチンです

2つ目のシナリオ ワクチン

第2のシナリオは人工ウィルスで民衆に恐怖心を植え付け、全人類に欧米のニセワクチン(免疫力破壊)を強制接種させ、世界人口削減するシナリオです

これが今現在進行してる人口削減計画の目玉商品です(笑)

ファイザー社のワクチン?あんな水銀だらけのワクチン本当に打って死にたいですか?

そしてウィルス万能ワクチンのアビガンの有効性は隠蔽されたまま

僕がとあるお医者さんから聞いた話では今アビガンはわざと国民に行き渡らないように製造をやめて隠蔽されてます

上級国民に配れる分だけ政府が確保してると聞いてます

アビガンを作っていた会社を富士フィルムが富士科学を子会社化して実質支配し、アビガンの製造を止めてしまいました

最近いろんな黒い噂を聞く富士フィルムがこれでどういう会社かは分かったと思います

ワクチンについてはまた次の記事で書こうかなと思ってます

3つ目のシナリオ 5G

最後のシナリオは5G(遺伝子を破壊する殺人電磁波)による世界人口削減計画

日本も一昨年から大通りの街路樹などをどんどん切り倒して5Gのアンテナ立ててますよね

5Gの危険性についてはみなさんも十分調べる事が出来ます

日本で本当は去年の5月に始まると言われれた5Gのサービスがまだ実際には始まってないのもそういう理由です

止められてるんですよ アメリカ軍から

こういった普段自分たちが便利と言われて使わされてる電波がどれだけ怖い役割に使われようとしてるかは知っておいて損はないと思います

WHOの組織のひとつである国際がん研究機関は携帯電話用の電波の発がん性レベルを2B(発がん性があるかもしれない)としており、5Gの電磁波については2Bより高いリスクも指摘されています

このような報告を受けてすでにベルギーやイタリア、スイス、アメリカの一部では5Gの使用中止または延期に踏み切っているのです

このように相手側もいくつかのプランを用意してきてます

第3次世界大戦がなくても、人工ウィルスと殺人ワクチン、5Gという殺人電磁波でいつでも人口削減出来る準備はずっと前からされてたという事

ジョージアガイドストーンについて

以前僕は「ジョージアガイドストーン」という石碑の事を調べておくと今回の嘘のパンデミックが理解しやすいので各自で調べた方がいいとブログに書きました

ジョージアガイドストーンは1980年にアメリカ合衆国ジョージア州エルバート郡に建てられた花崗岩によるモニュメントです

ジョージア・ガイドストーンには、8つの言語で書かれた10のガイドラインを含むメッセージが刻まれている

その10個のガイドラインの内容はもう確認されましたか?

まだの人もいると思うので改めて10個のガイドラインを見てみましょう

  1. 大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する
  2. 健康と多様性の改善、再生を賢明に導く
  3. 新しい生きた言葉で人類を団結させる
  4. 熱情・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する
  5. 公正な法律と正義の法廷で、人々と国家を保護する
  6. 外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する
  7. 狭量な法律や無駄な役人を廃す
  8. 社会的義務と個人的権利の平衡をとる
  9. 無限の調和を求める真・美・愛を賛える
  10. 地球の癌にならない 自然の為の余地を残すこと

一見まともな事も書かれてるように思いますが、10個のガイドラインの1番目の内容に注目してください

「大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する」

今世界には約70億人の人が生活してます

明らかに人口が多すぎるのは確かでこのままでは近い将来資源や食料が足りなくなるのはもはや避けられないという状況です

これが人口削減計画に繋がってます

実は人口削減計画は随分前から計画されており、この計画は2020年に開始され2030年までに完了しようとされていた計画です

2010年のサミットでも密かに人口削減計画のレジュメが各国に配布されたという話もあります

メッセージは8種類の異なる言語で記述され、4つの大石板の両面、計8面のそれぞれに言語ごとに記されています

使用されている言語は建造物の北側から時計回り順に英語、スペイン語、スワヒリ語、ヒンディー語、ヘブライ語、アラビア語、中国語、ロシア語の8種類

日本語はありません つまり日本は仲間外れです

日本人はこの「選ばれし5億人」には入っていません 削減対象です

確かに今の地球の人口は多すぎるとは思います

将来的に人口の削減というのは必要なのかもしれない

ただだからと言ってロスチャイルドやロックフェラーの連中にコロナパンデミックを利用して勝手に殺されるのは世界中の人が反対でしょう

彼らが自分達の理想郷を作るために嘘の事態で勝手に人口削減に走るのは明らかに間違ってます

世界が相談して一家庭あたりの子供の数に制限を持たせるなど政策で人口を減らして行くのは可能だと思います

今まで世界を思うがままにしてきたからと言って誰を殺して誰を残すのか、身内だけの世界を作ろうとしてる闇勢力に決められたらたまりません

今アメリカ人はほとんどがもう今回のコロナウイルスが人口削減のために行われた計画されたパンデミックだと気づいてます

その事実がアメリカ市民にもうバレてるから今現在ジョージアガイドストーンが下の写真のような事になってるんです

FUCKとか書かれて思いっきり落書きされてますね(笑)

そしてこの人口削減計画を目論み、今いる人類を殺すか奴隷・家畜化しようとするイルミナティの計画を阻止しようと戦ってるのがトランプ陣営

だから人口削減計画を進めてる相手側からするとトランプは邪魔でしょうがない訳です

どんなインチキを使ってでもトランプを再選させる訳にはいかなかったんですよ闇勢力側は

でも今まで通り世界にコロナウイルスが無く、通常の状態なら市民が投票所に行って各自で選挙投票する事になります

公平な選挙が行われてしまいます

相手はそれだと困るから不正選挙を行うために郵便投票にしたかったんです

郵便投票ですべてインチキの結果を出したかったんです

郵便投票にするには市民が外に出れない理由を作らねばなりません

コロナウイルスはそこでも理由付けに利用されたのです

コロナパンデミックはそういう意味で去年11月の選挙に使われたのです

だから世界情勢に詳しい人が「アメリカ大統領選挙が終わればコロナも終息する」と口を揃えて言ってたんです

つまり結論としてコロナウィルスの正体は人口削減計画のキッカケの火蓋であり、ワクチン利権と人口を減らす危ないワクチンを打たせる理由であり、不正選挙をするための郵便投票を実施する理由づけだったのです

だからコロナパンデミックは嘘なんですよ

すべて彼らの計画の為の理由付けの大嘘だった訳です

また本格的な人口削減の前に予定されてるのが所謂「ダイバーシティ」というやつです

ダイバーシティなんて横文字で言うともっともらしいけど、これただの「監視社会」ですからね

売国奴代表の竹中平蔵が推進してるベーシックインカムもそうです

横文字にして誤魔化してるだけでベーシックインカムって要はただの「配給」です

「監視社会と配給」なんて言葉を使うと今後奴らが作ろうとする社会のイメージが悪いじゃないですか

だからワザと横文字使って印象操作してるんですよ

何となく新しい良い試みであるかのように

人が外にもロクに出れずにマイナンバーで番号管理されて、仕事を失った人達がただ家の中で配給をもらってくらす社会

これって家畜じゃないですかもう

そうやってもう二度と逆転が起こらない立場にしてゆっくり人口を減らしていきたいんですよ

そしてワクチンには人体に害がある物質をふんだんに混入されるだけではなく、人を識別するナノチップが入れられワクチンを打つとどこで何してるかが一目で管理側に分かってしまう

そうなった時に人と人が大勢で固まっていると個人を識別しにくくなるから今のうちから「ソーシャルディスタンス」という言葉を民衆に何度も刷り込んでるんです

監視してる側が分かりやすく個人を判別できるように離れてほしいんです

つまりのちの監視社会のために今から人と人が離れるのが普通になるように刷り込み教育されてるんですよ

教育というより洗脳ですねこれも

コロナ感染を防ぐためではなく、監視社会に移行した時のためのソーシャルディスタンスなんです

1.5メートル間隔あけるだけで感染を防げるならどうしてインフルエンザがコロナ以上に大量発生した時にはソーシャルディスタンスを発しなかったんでしょうね?

なぜ今回だけなんでしょう?

そもそもおかしいんですよ

なんでコロナ対策で飲食店を早く閉めさせるのに朝の満員の電車はOKなんですかね?

本当はもう世界の経済を疲弊させながら今まさに次の監視社会へ向けた洗脳教育が始まってるという事に気づかないと

日本は平和ボケしちゃってる人が多いのであっという間に監視社会に飲まれると思いますよ

今ではコロナウイルスは人々に殺人ワクチンを打つ為の大義名分になりました

色んな情報が出てるのにこんな危ないワクチンに飛びつくのはテレビを見て日々怖がらされてる年寄りだけでしょう

次は日本人に無償で提要されるとやらのこの危険なワクチンについて書いてみたいと思う

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
スポンサーリンク
simplicity2のレクタングル広告(大)
Translate »